色     鳥  *

           秋…色鳥や 一筆書きの 色引きて
             色鳥や 瑠璃群青の 鮮やかに

             色鳥や 光しづくを こぼしつつ
             深空へと 色鳥色を こぼし飛ぶ

             鳥地獄 虫地獄にも 色の鳥 (有馬温泉)
             色鳥や 枯山水の 庭狭し

             色鳥の うれしき時は 尾を振りて
             色鳥や 迦陵頻伽も 加はれる

             いろどりの いろはにほひて なきぬるを
             色鳥の 数増すごとの 風の色   俳子


                ソウシチョウ

                 キビタキ

               シジュウカラ

      前頁(小鳥来る)へ  この頁のTOPへ  次頁(鵙)
     「色鳥」関連ページ…百千鳥(春) (春) 小鳥来る(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版