榠 樝 の 実  *

          秋…枝先に 武骨に丸く 青かりん
            禿もあり 尻だすもあり 榠樝の実

            深皺の やうな疵もつ 榠樝の実
            かりん熟る 形の歪 なるままに

            十あらば 十の形や 榠樝の実
            歪なる 陰影ありて 榠樝の実

            歪みゐて 変哲もなき 榠樝の実
            ひとつとて 同じはあらじ 榠樝熟る

            青春の 日々は還らず 榠樝熟る
            考へる 形に熟れて 榠樝の実

            褒められも 貶されもせず かりん熟る
            旨さうな さうでなさそな 榠樝の実

            枝下に 転がりもして 榠樝熟る
            かりん熟る 吉相なるを 選りて捥ぐ

            熱からず ぬる過ぎもせず 榠樝の湯
            でたらめな 鼻歌ひとつ 榠樝の湯
            かりんの湯 歌を歌はば 歌上手    俳子




    前頁(胡桃)へ  この頁のTOPへ  次頁(椿の実)
      「榠樝の実」関連ページ…榠樝の花(春)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版