鶏     頭  *

          秋…襞々に 朱を秘めてや 鶏頭燃ゆ
            鶏頭の 血染め花穂の 黒むほど

            怨念の 炎は暗し 鶏頭も

            鶏頭の 盛りすぐるも 威を放ち
            鶏頭の 傾ぎて種を こぼしけり   俳子



        前頁(秋桜)へ  この頁のTOPへ  次頁(葉鶏頭)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版