蟋    蟀  *

         秋…ちろちろち ちろろちろろと ちちろ鳴く
           こほろぎの 夜な夜な鳴くを 友として

           矢田寺の 閻魔こほろぎ 鳴きやまず
           暗がりの 閻魔こほろぎ 貌光る

           こほろぎの 鳴き通してや 夜も寝ねず
           生きてゐる 証と今を 虫鳴けり

           こほろぎや 穴にこもりて 夜を待つ
           賽の目は 出たとこ勝負 ちんちろりん

           こほろぎも 昆虫食の 材料ぞ
           昆虫食 たべて聞こうぞ 虫時雨

           こほろぎの闇に こほろぎ病みて死す
           虫絶えて 可否なき闇の ひろがりぬ   俳子



     前頁(虫3)へ  この頁のTOPへ  次頁(鈴虫)
   「蟋蟀」関連ページ…虫1(秋) 虫2(秋) 虫3(秋) 鈴虫(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版