草  の  実   *

           秋…野葡萄の 摘まれぬままに 色づける

             雀来て 遊べる野辺や 草は実に
             踏まれても 引き抜かれても 草の実に

             草の実や 名もなき原の 果てまでも
             秋の野の 花は美醜を あらそはず
             草の実の 雨のしづくに 朝日さす

             こぼるるは 気にもとめずに 零余子採る

             盗人萩 一癖ありて 嫌はるる
             萩に似て ひつつき虫の 仲間なる

             醜草と けなされて実の 夥し
             付きやすく 離れがたきよ 藪虱

             Stick with you 好きよ好きよの 草虱
             草の実付く 文無し爺が 嗤ひだす

             蔦の実や 里山近き 古校舎
             咲くもあり 実るもありて 野辺の秋

             草の実の 爆ぜこぼるるや 捨て棚田
             草の実の 爆ぜれば大地 これを受く

             草の実飛ぶ おのが実殻を 破り裂き
             草魂や 枯るるまぎはに 実をこぼし

             秋草や 九地の下に 実を隠し
             草の実の ひとつに勝る 句をなせず    俳子

                   野葡萄

                ヨウシュヤマゴボウの実

                  蔦の実

                ヨモギの実

    前頁(木の実)へ  この頁のTOPへ  次頁(草の絮)
「草の実」関連ページ…草の花(秋) 草の絮(秋) 花野(秋) 木の実(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版