零  余  子  *

           秋…こぼさじと 思へばこぼれ 蔓むかご
             汝が指の 触れなば落ちん 零余子の実

             割り算の 余りは無用 零余子採る
             こぼるるは 気にもとめずに 零余子採る

             字余りの やうな零余子や まだ落ちず
             自然薯や こだはり強き 小料理屋    俳子




      前頁(瓢箪)へ  この頁のTOPへ  次頁(秋桜)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版