木    槿  *

           秋…街裏の 古き教会 花木槿
             夕翳の 届かぬ先の 紅木槿

             底紅や 親も惚れたる 器量よし
             底紅や 愛には愛を 返すべく

             底紅や 胸の奥処に 燃ゆるもの
             底紅や 秘むれば拝し 見たくなり

             底紅の 花芯がほどの 心傷
             悲しみの 深き淵より 白木槿

             底紅や 秘めてかがよふ 才もある
             底紅や 秘むれば拝し 見たくなり
             底紅や 秘むれば木偶も 尊けれ

             青ざめし馬や 木槿を食むといふ    俳子



                                           

                底 紅

    前頁(露草)へ  この頁のTOPへ  次頁(盆踊)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版