檸     檬   *

          夏…悔やむこと なきとは言へず レモン水

          秋…青レモン 愛されたくて ちと拗ねて
            マドンナや 青き檸檬を 胸に抱き
            くちびるの 紅きが放つ 檸檬の香

            鼻腔まで 滲みて溢るる 檸檬の香
            太陽の 恵み豊かに 檸檬の黄

            青レモン かじりて未だ 恋知らず
            青レモン 青春といふ 手榴弾

            青春の 屈折蹉跌 青レモン
            檸檬の香 かぎて青春 ど真ん中
            失恋の 口には苦き 青レモン

            全身の CT画像 レモン切る
            レモン切る CTスキャン 異常なし

            初恋の 輪切りレモンを かみしめて
            口づけの レモンの滲むる 恋痛手

            レモン切る 向き定まらぬ 刃もて
            レモン切る 古き記憶を 輪切るごと

            レモン噛む たつたひとりの 時を噛む

          冬…色も香も 古りてなつかし 冬檸檬
            くつろぎて ホットレモンの 香の中に

            時経ても 酸いは変はらず 冬檸檬   俳子





      前頁(石榴)へ  この頁のTOPへ  次頁(唐辛子)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版