新  松  子  *

          秋…倚松庵 正門脇の 新松子 (倚松庵)
            新松子 谷崎邸は 川に向き

            天界の 恋の稔らば 新松子
            新松子 文学の道 真つすぐに

            新松子 行平の世も 今の世も (松風村雨堂跡)
            新松子 青き夢見し こともある

            新松子 海鳴り遠き 海音寺 (平野祇園神社)
            小さくも 薄くれなゐの 松ふぐり

            新松子 息子元気か 金あるか    俳子




    前頁(色変えぬ松)へ  この頁のTOPへ  次頁(松ぼくり)
   「新松子」関連ページ…松の芯(春) 松の花(春) 色変えぬ松(秋)
               松手入(秋) 松ぼくり(秋) 初松籟(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版