秋    思   *

          秋…秋思かな 星の見えざる 水惑星
            釣糸を 垂れて天下の 秋思ふ

            満ち足りて そこはかとなき 秋思かな
            銀スプーン 一杯ほどの 秋思かな

            身ほとりの 一草一花 みな秋思
            秋あわれ 蝋人形に 心なく

            赤錆びて 朽ちし彫刻 秋深し    俳子

    綿引 道郎作 「詩人一生を詩う」   於:しあわせの村・中央緑道

      前頁(秋風)へ  この頁のTOPへ  次頁(秋の声)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版