山  装  ふ  *

          秋…六甲の 山襞深く もみいづる
            山に山 重ね六甲 山装ふ

            木や草の 色はいろいろ 山装ふ
            山装ふ 瀬音静かに 鳥の声

            頂は濃紅葉 里は薄紅葉
            鉄塔の こちも向ふも 山紅葉

            道譲り 譲られもして 紅葉山
            山装ふ 魚屋の道を 有馬まで

            七竈 もみづるそばの 岳樺
            六甲の 奥処に誘ふ 谿紅葉

            装ひて 須磨三山は 高からず
            塩屋より 六甲までの 紅葉道

            近道を 行くまでもなき 山紅葉
            夕紅葉 一山三山 六の山    俳子

                烏原川

               神戸電鉄と薄山紅葉

                  洞川池

                高雄山南面

          六甲縦走路(市ヶ原)から望むハーブ園

         イヤガ尾根・名号岩(石井ダムより望む)

    前頁(満天星紅葉)へ  この頁のTOPへ  次頁(錦秋)
      「山装ふ」関連ページ…山笑ふ(春) 山眠る(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版