敗     荷  *

           秋…破蓮 雲ひとつなき 空が下
             み仏に 添ふはかなはず 蓮破る

             刀折れ 矢も尽くるかに 破蓮
             蓮破る 敗兵去りし 跡のごと

             敗荷の 茎は折れても 芯曲げず
             禅寺や 敗荷なるも 朴素にて

             敗荷や 折れて倒れて 水に漬く
             よれよれに なりても死さず 破蓮    俳子


      前頁(破芭蕉)へ  この頁のTOPへ  次頁(蘆刈)
  「敗荷」 関連ページ…蓮の浮葉(夏) 蓮(夏) 蓮の実(秋) 枯蓮(冬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版