*

          夏…俺様は 賢き鳥じゃ 青葉木菟
            知らざるは 我に聞けよと 青葉木菟

            青葉木菟 聖者のやうに 森に棲み
            青葉木菟 もつと自由に 飛びたきと

            人魂が 出るてふやしろ 青葉木菟
            闇驚かす ことなく飛びて 青葉木菟

            青葉木菟 森の木強く 匂ふ夜に
            青葉木菟 いつもびつくり 貌をして

            幸せに なれる天才 青葉木菟
            遠き日の 淡き思ひ出 青葉木菟

          冬…梟の 闇に驚く 両目玉
            夜闇を 飛ぶ梟や 耳さとし

            梟や 闇の声聞き 闇を翔け
            青き闇 翔けて梟 音もなし

            シロカニぺ ランラン ヒカン しまふくろふ
              銀の滴 降る降る まわりに(知里幸惠『アイヌ神謡集』)
            神窓開く カムイの春が 来るやうに 季:春

            Wi-Fiの 届かぬ森や 梟飛ぶ
            梟や 闇のふくらむ 森を飛び

            梟や 両目のほかは 老い深く
            闇淋し 死齢を超えて 梟鳴く

            梟の さかしら貌を 狙ひ撃て   俳子

                ワシミミズク

                      
      前頁(冬の鳥)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬鴎)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版