冬  の  蜂   *

          冬…花に寄り 花に酔ひたる 冬の蜂
            樹液樹に 日がな一日 冬の蜂

            冬蜂の おのが影より 飛びたてず
            樹液吸ふ 冬蜂樹下に 力尽く

            翅破れ 脚も折れたり 冬の蜂
            冬蜂や 野の日溜りに 力尽く
            冬蜂の 死にゆく時の 長かりし

            死してなほ 両目開けり 冬の蜂
            口開けて すでに息なき 冬の蜂    俳子


              羽の折れたキイロスズメバチ

              キイロスズメバチの死骸

        前頁(冬の蠅)へ  この頁のTOPへ  次頁(茶の花)へ 
       「秋の蜂」関連ページ…(春) 夏の蜂(夏) 冬の蜂(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版