冬  の  空  *

          冬…冬空の 暮れ色尽くる 邇保が島

            寒天に 魚骨のごとき 枝さらす
            寒天や 震度四にも 身が震へ

            寒中に 湯気出るほどな 猿団子
            寒天へ アンパンマンの アンパンチ

            寒天に 屹立不動 新た堰
            寒天に 北極星の 不動なる

            酷寒の 闇にも鳥は 目を閉ぢず
            絶巓を 越えて寒風 天外へ    俳子



            石井ダムより望む菊水山

     前頁(縄跳)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬夕焼)
 
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版