冬  夕  焼   *

         冬…みか潮の 播磨が灘の 冬夕焼
           海峡に しばしとどまる 冬入日

           冬夕焼 砂浜までも 金色に
           淋し日や 冬夕焼に 身を染めて

           坂なして 離宮が道の 冬夕焼
           十二月 夕日静かに 沈みけり

           湯煙の 消えゆくさきの 冬夕焼
           冬夕焼 有馬は山の 影に伏す

           冬落暉 滅びを急ぐ もののふに (兵庫運河)
           冬夕焼 諸行無常の 空が色

           いち抜けの 少女小走り 冬夕焼
           冬夕焼 押し競の子ら 散りぢりに

           冬夕焼 飛行機低く 飛びたちて
           刻々と タイムラプスの 冬夕焼

           昏るるほど 色を薄めて 冬夕焼
           暮れぎはの 空はさびしも 冬夕焼

           人恋へば 人恋ふ色に 冬夕焼
           逢ひたくて 冬夕焼の 消ゆるまで

           悲しみを 捨て来て冬の 夕焼かな
           この街に 骨埋めやうか 冬夕焼

           冬夕焼 歩ごとに違ふ 砂の音
           句のかけら 拾ふ砂浜 冬夕焼

           この道は いつか来し道 冬夕焼
           冬夕焼 いつかは帰る 西方に

           冬夕焼 思へば遠く 来たりしよ
           望郷や 冬の夕焼の すぐ消えて

           海山の 暮れて西方 冬夕焼
           冬残照 明石が橋に 灯のともる

           弓なりの 浜に白波 寒夕焼
           寒夕焼 海に光の 渡り道

           靴下の 穴よりのぞく 寒夕焼
           捨つるべき 夢は持たずよ 寒夕焼

           句のかけら 拾ふ砂浜 冬夕焼
           冬夕焼 昭和は古く なりにけり

           いち抜けの 少女小走り 冬夕焼
           叱られに 帰る家路や 冬夕焼
           逍遥す 冬夕焼の 果つるまで

           冬夕焼 悲しみひとつ 空に消え
           山暮れて 里はたそがれ 冬茜    俳子




     前頁(冬の空)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬の月)
       「冬夕焼」関連ページ…夕焼(夏) 秋の夕焼
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版