花  八  手  *

          冬…球形の 美を極めてや 花八手
            香八丁 色も八丁 花八手

            日溜りの 虫の楽園 花八手
            花八手 舐めて動かぬ 蠅ひとつ

            忙中に 閑ある頃や 花八手
            いざ須磨と いふはなきなり 花八手

            うすら日の 安らふところ 花八手
            手も口も 八丁ほどや 花八手

            花八手 天狗 は赤き 鼻を持つ
            歳晩や 夢に天狗の 長き鼻    俳子



              花八手の蜜を吸う冬の虻

      前頁(南天の実)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬柳)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版