柊  の  花   *

          冬…路地奥に 香りゆかしき 花ひひらぎ
            ささやかな 幸せありて 花ひひらぎ

            ひひらぎの 花護るかに 葉の尖り
            娶らばや 花ひひらぎの やうな娘を

            胸奥に 柊ほどの 花明り

            ひひらぎの 花の命の 短くて
            ひひらぎの 小さき花を 愛しけり    俳子



         
     前頁(冬あぢさゐ)へ  この頁のTOPへ  次頁(皇帝ダリア)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版