牡    蠣  *

         冬…ふるさとの 海の浅きに 牡蠣筏
           牡蠣割女 そばに牡蠣殻 積みあげて

           牡蠣小屋や 採れたて牡蠣を 売りもして
           牡蠣殻の山や 背丈をゆうに越え

           牡蠣の香や とうの昔の ふるさとの
           ふるさとの 海の匂ひの 牡蠣を焼く

           生牡蠣の 焦熱地獄の 汁すする
           身をとりし 牡蠣の殻より 白き汁

           採れたての 牡蠣にまぶせし 天ぷら粉
           熱々の 牡蠣の天婦羅 きつね色
           貝殺し 油地獄の 牡蠣フライ 『女殺油地獄』

           殻付きの 牡蠣食ふときの 国訛り
           ふるさとの 味とは違ふ 牡蠣づくし

           淵崎の 牡蠣が一番 里の海    俳子



    前頁(寒鰈/寒鮃)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬の鳥)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版