寒  夕  焼  *

         冬…弓なりの 浜に白波 寒夕焼
           寒夕焼 海に光の 渡り道

           墓群めく ビルの街並み 寒夕焼
           靴下の 穴よりのぞく 寒夕焼

           寒夕焼 廃用牛の 鼻撫づる
           捨つるべき 夢は持たずよ 寒夕焼

           寒没日 老いが身内の 気も失せて    俳子


      前頁(寒椿)へ  この頁のTOPへ  次頁(蠟梅)
    「寒夕焼」関連ページ…夕焼(夏) 秋の夕焼 冬夕焼(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版