寒     林  *

         冬…寒林や 明るき空に 枝はりて
           日だまりを 選りて寒林 通り抜く

           寒天に 魚骨のごとき 枝さらす
           白骨の やうな寒林 枝梢

           寒林の 暗み深むる 星明り
           月出でて 寒林の影 定まりぬ

           発しても 返らぬ木霊 寒木立
           死して見る 景はいかにか 寒木立

           寒林の 影を踏みゆく 影ひとつ
           寒林を 抜けて寓居に 帰りつく   俳子

                 石井ダム

             烏原貯水池(上流)

    前頁(冬木)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬芽)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版