*

          冬…狐跳ね 狸這ひ出る 霜の夜
            青白く 光りて妖し 狐の目

            ひもじきか 夜はさびしか 狐鳴く
            吾子泣くな 泣けば狐が 魂奪ふ

            寒月下 肌のただれし 老狐鳴く
            毛繕ひ するもかなわず 狐老ゆ

            雪女 出さうな夜を 息細く
            雪やこんこ 狐こんこん 今夜来ん

            狐火や この世あの世の 魂迷ふ
            狐火や 闇でまなこを 洗ふ間を

            狐火や 貧家に小さき 夜泣きの子
            野狐の 痩せ骨きしむ 寒の朝    俳子



      前頁(寒鴉)へ  この頁のTOPへ  次頁(寒椿)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版