霜    柱  *

          冬…実存の 壊るる音か 霜柱
            脳髄に 達する悪寒 霜柱
            霜柱 毀てば走る 悪寒かな

            ためらうふや 踏まば壊るる 霜柱
            霜柱 有馬へくだる 靴の音

            霜柱 瞋恚のほむら 内に秘め
            持ち上げて 崩れて消ゆる 霜柱

            くづほれて 土に消えゆく 霜柱
            霜柱 解けて残りし 土柱


            月影の 細れば太る 草氷柱
            細りゆく 森の泪か 草氷柱

            これはもう 天女が絹衣(すずし) 草氷柱
            草氷柱 夢のやうなる 娼婦論    俳子

      森林植物園(森林展示館)で開催された「シモバシラ展」

     前頁(霜)へ  この頁のTOPへ  次頁(氷)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版