新  年 ( 1 )  *

        新年…天声に 和する地のこゑ 年明けぬ
           天知りて 地知る人知る 明の春
           足らざるを 知りて声なき 老の春

           ひととせの はじめのはじめ 恙なく
           あらたまの 年こそよけれ 老いてなほ

           初明り われに繋ぐる いのちの緒
           初空を 仰げり大地 踏みしめて

           老の春 世におもねらず 死に怖じず
           捨つるべき ものは捨てきて 老の春

           老の春 幼きころに どこか似て
           老の春 さびしき自由 もて余す

           志 ありてもすでに 老の春
           老の春 切らねば伸ぶる 白眉毛

           過去よりも 未来短き おらが春
           古稀過ぐる ここが潮時 庵の春    俳子

               生田神社の杉玉

      前頁(初日)へ  この頁のTOPへ  次頁(新年2)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版