新   年 ( 2 )  *

         新年…灘が地に 猛虎伏草 明の春
            辛卯や 我慢我慢の 千代の春

            初明り 臥竜動かば 昇り竜
            初空へ 富士越龍の 渦なせる (北斎「富士越龍図」)
            竜神の 翔くる空あり 初山河

            コロナ禍に ええじゃないか お正月
            なで牛も 触れず仕舞の 初詣

            いたづらに 馬齢重ぬや 去年今年
            亡羊の 夢の覚むれば 大旦

            申年や 初湯にいれば 猿似顔
            猿知恵の でんぐりがへる 明の春
            三猿を いとひて生きむ 老の春

            鶏旦や 天上天下 晴れわたる
            初茜 鶏鳴く声は 神代より
            東向く 風見鶏より 初明り
            元朝の 街のゆらぎを 風見鶏

            元朝や 覚めれば尿る 定めにて
            飼猫の 尾も新しき 年に入る   俳子

                生田神社の絵馬

               しあわせの村のお正月飾り

             生田神社の絵馬 2018

       前頁(新年1)へ  この頁のTOPへ  次頁(新春)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版