焼     薯  *

           冬…焼薯の 中はミディアム 湯気あがる
             焼薯や アルミホイルの 薄焦げて

             焼薯や 大地の匂ひ 湯気なして
             焼薯を われば金色 蜜の味

             才長けて 焼薯の端を 含むひと   俳子


      前頁(暖炉)へ  この頁のTOPへ  次頁(雪1)
          「焼薯」関連ページ…甘藷(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版