山  眠  る  *

           冬…山眠る 尾根ゆく人の 見え隠れ
             山眠る 里に古りたる 茅葺家

             龍神も 眠るか摩耶の 山眠る
             山眠る 摩耶龍神も 老いゆける

             十字架を 刻みし墓石 山眠る (神戸外国人墓地)
             山眠る ダム湖に沈む 一箇村 (烏原貯水池)

             ドローンが 俯瞰の山の 深眠り
             山眠る 噴火間近の 気配秘め

             億兆の いのちを抱きて 山眠る
             里の子を眠らせ 山も眠り中

             わが庭に 向くが正面 山眠る
             薄色に 故山は遠く 眠りゐて

             山眠る中や 木を伐る音響く
             着々と 宅地造成 山眠る

             山眠る 高層ビルを 裾に載せ
             山眠る 不眠不休の 街抱きて

             日を沈め 月を浮かべて 山眠る
             山眠る 森の深きに 木も眠り    俳子



             茅葺き民家 『内田家住宅』

     前頁(冬の虹)へ  この頁のTOPへ  次頁(冬の川)
      「山眠る」関連ページ…山笑ふ(春)  山装ふ(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版