柚  子  湯  *

           冬…湯もみして 十指に余る 柚子揺らす
             老斑の 浮きでし身をば 冬至湯に

             冬至湯や 鈍なる我も 身の軽ろく
             柚子入れて 少しぬるめの 長湯かな

             冬至湯や 長居の客の 腑抜け顔
             終ひ湯や 腑抜けの柚子を 遠ざけて

             とく癒えよ 冬至柚子湯に 身をひたし   俳子

               ユズの花 (5月)



      前頁(蜜柑)へ  この頁のTOPへ  次頁(毛糸編む)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 冬


 俳子のインターネット歳時記 写俳版