震災関連コンテンツ 
 震災から18年のイベント
 震災から17年のイベント
 震災から16年のイベント
 震災から15年 神戸の今… 
 震災から14年 神戸の今…
 神戸リンク集 防災
 神戸発・国際医療船
 「神戸・防災産業特区」素案
 東日本大地震に思う…
     悲しみの深き淵より
   ホームへ

   2005年神戸発 1月17日午前5時46分53秒
           〜震災から10年、ネットで見る神戸の今〜


       未曾有の被害をもたらした阪神・淡路大震災から10年…。
       この10年間、神戸が背負い続けて来た荷は余りにも重かったとしか言いようがなく、
       その経験の全てを伝えることは誰にも不可能だろう。
       が、その一端の、そのまた先端のごく一部分でも「伝えよう」と努力をすることは、
       神戸の地域情報サイトとしての責務であろう。
       新潟県中越地震やスマトラ沖大地震を想起するまでもなく、
       我らは「揺れる大地」の上にしか棲息できないのだから…。

                            震災から10年、神戸の震災関連サイト
 ここまで来ました
 神戸の草の根発信 !
たかとりコミュニティセンター:阪神・淡路大震災の際にボランティア活動の拠点となった「たかとり救援基地」がその前身で、
                    現在地域の七つの団体などでネットワークを形成、震災被害の最も大きかった長田再生の
                    地域拠点のひとつとなっている。
FMわいわい:言葉、文化、民族、国籍などが違っていても、同じ地域に住む住民同士、一緒にまちづくりをしていきましょうと、
          現在8ヶ国語で情報配信を続けている「多言語コミュニティ放送局」。
多言語センターFACIL:翻訳・通訳、多言語企画のNPO  
ツール・ド・コミュニケーション:「13言語対応の生活ガイド」などを作成
ワールドキッズコミュニティ:「多様な文化」の中での教育のあり様を模索しています
リーフグリーン:高齢者、障害者、子育てのサポート
コメント:震災に遭遇して、肉親を失った。火災で、家も家財道具も失った。食べるものすらなかった。寒中に着のみ着のままで、
      避難所に駆け込んだ。避難所は最初、夜露をしのげるだけのところだった。が、それでも、まだいいほうだったのだ。
      言葉の違いや高齢や体の不自由などから、必要な最低限の情報すら入手できなくて、避難所に逃げ込むことすら
      できない人たちがいた。そうした人たちがいたことすら、よく知られていなかった。
     復興の過程で、このことのもつ意味を問い続けた人たちがいた。「言葉、文化、民族、国籍などが違っていても、同じ地域に
       住む住民同士、一緒にまちづくりをしていきましょう」と彼らは言う。彼らは「優しい」のではない。彼らは「勁い」のだ、と思う。
     震災禍が大き過ぎた。そこからの再生は生半可ではなかった。最も条件が悪い人たちが「安心して暮らしていける街」を
      つくるという強い意志がなければ、彼ら自身の震災10周年もなかったのだ…。
 ボランティア元年
      から10年
東灘地域助け合いネットワーク:被災地神戸の復興を目的に発足。高齢者 障害者の生活支援やコミュニティづくりをとおして自立支援と
                       地域の活性化をめざすNPO。
コミュニティ・サポートセンター神戸:東灘地域助け合いネットワ−クを母体に1996年10月に発足。中間支援団体として共生循環型の
                         まちづくりやコミュニティ事業の支援を行っているNPO。
生きがいしごとサポートセンター神戸東:兵庫県の委託による就業・起業のサポート事業。CS神戸が受託し、ワラビーの
                         愛称で運営されている。主にNPOやコミュニティビジネスの起業、そこへの就業を
                         取り扱っている。
くるくる発電所:CS神戸の、循環型「くるくるコミュニティ」づくりを目指す「くるくるプロジェクト」のなかの一つのプロジェクト。
市民フロンティア:CS神戸機関誌のWEBバージョン。 2ヶ月に1回発行。
CS神戸が支援する団体:声楽アンサンブル カメラータ神戸       パラレルサポート(介護NPO法人)
                パソコンネット・オクトパス      
コメント:まずはプライベートから--鈴蘭台総合サイトのスタッフは、サイトを立ちあげる前、ホストファミリー・ボランティアをやって
      いた。アメリカ、フランス、バングラディッシュ、香港などから、留学生が俳子庵にやって来た。スタッフは留学生たちから、
      いろいろなことを教わった。日本で留学生の受け入れをしている人たちからも、多くのことを学んだ。
     大震災の時には、電話が不通のなか、アメリカのバーリントン市の留学生のお父さんから国際電話がかかってきた。
      震災の翌日、早々のお見舞いと義援の申し出だった。俳子庵は被害が軽微だったから、お断りしたけれど、アメリカと
      いう国のボランティアの奥の深さを知り、うらやましいと思った。
     日本のボランティアの底は浅かった。何かが欠けていた。わがホストファミリー・ボランティアは、とても熱心だったけれど、
      孤立していた。地域に根づいていなかった(アメリカやオーストラリアの国際交流活動の広範さを想起されたし)。
      日本にはボランティアを育みそだてる地域コミュニティが存在しない。個人的に頑張っても、個人の能力には限界が
      あって、うまくいかない…。かくして、「地域には、住民が共有しないといけない基礎的な地域情報というのがあるの
      ではないか」との思いから、「鈴蘭台総合サイト」へとたどり着く…。
     前置きが長すぎた。これから本題です。阪神・淡路大震災の未曾有の被害は、地域住民にある共通した意識(コミュニ
      ティ形成意識の萌芽的なもの)を蘇らせた。ボランティア元年。ボランティアは神戸の地に根づくべくして根づいた。
     コミュニティ・サポートセンター神戸を核とした、東灘におけるボランティアの形成と発展は、日本ボランティアの先駆と
      して歴史にその名をとどめることとなろう。
 震災からの復興
   まちづくりの今
新開地FAN:新開地まちづくりNPOのサイト。地域情報サイトはかくあるべき、といっても過言ではないサイトです。
新開地映画祭:新開地映画の再生をめざします
新開地ミュージックストリート:新開地は映画のにならず。総合的な「アートなまちづくり」をめざします
シンカイチ アーティステージ:若手アーティスト応援サイト
神戸新開地スタンダップ・プロジェクト:店舗独立開業応援サイト
神戸ながたティ・エム・オー:長田区商店街の18団体が作る(株)神戸ながたTMOのサイト。長田の元気がここにあります。
SITE KOBE:長田の街には、ステージ音楽や街頭ライブがよく似合う。
コメント:人は家を失い、街は人を失った。震災からの再生は、まちづくりをどう進めていくかの問題を抜きにしては不可能だった。
      が、この「まちづくり」が簡単ではなかった。まず、災害に強い街でなければ意味がない。行政が用意した都市計画案は
      立派だったが、それを現実化できるほどの民力はなかった。行政主導の「まちづくり」は進んでも、それを下支えする民
      の形成は遅々として進まなかった。このまちづくりの遅滞は、地域の更なる弱体化と行政の負債の肥大化をもたらした。
      震災以前から街の再生を希求し続けていた新開地と、震災で壊滅的な被害を受けた長田。この崖っぷちに立つふたつの
      街で、真摯にまちづくりを考え模索する草の根集団が誕生し活動を続けていることは、わが神戸の誇りであろう…。
 語り継ぐ震災体験 神戸大学附属図書館震災文庫:「災害復興や地震研究・防災対策などに役立てていただけるよう、震災にかかわるあらゆる
                    資料を可能なかぎり収集し、被災地をはじめ全国の皆様に、広く提供いたします。また、
                    これらの資料はかけがえのない貴重な記録としてすべてを保存し、後世に確実に伝えて
                    いきたいと考えております」。この言葉通りの震災文庫です
神戸新聞 Web News:地元の新聞社が追いつづけた震災の記録
阪神・淡路大震災関連データベース:阪神・淡路大震災時の地震活動及び被害、防災活動に関するデータの検索と、
                          
阪神・淡路大震災以降の防災施策、事業等に関するデータの検索が行えます
震災犠牲者聞き取り調査会:被災者一人ひとりのの記録を残そう。そして6433名全員のいのちを記録するまで活動を続けて
                  いこう。神戸大学の学生たちの活動は今も続いている。
阪神大震災を記録しつづける会:「未来の被災者へのメーセージ」を送りつづけて10年。10冊の被災者の手記が出版されました
コメント:「阪神大震災を記録しつづける会」の高森一徳(享年57歳)さんが亡くなった。震災の起きた95年から毎年一冊づつ、
      被災者の手記を集めて出版(全10巻、434編)して来た人だった。
     高森さんの原点はヒロシマだった。お父さんが被爆者で、被爆者手帳申請の際に、爆心地近くのチョークの書置き
      を見たとの記憶が交付の決め手になったという経験を持つ。
     大惨事が起こると、それを記録しつづける会が出来る。多くの目撃証言がある。部外者は最初、その証言に驚き、
      やがて忘れる。核戦争や地震の危険から免れているわけではないのに、被災者証言を疎ましく思うようになる。
      被災者はもっと声高に証言しつづけなければ大変なことになると思う…。
     被災した人とそうでない人の、この温度差な何だろう ? 高森さんも自問しつづけ、哀しく思ったかもしれない。が、
      それでもやはり彼は死ぬまで被災者の手記を出版しつづけた…。   さきがけて 駈け逝く人よ 野水仙  俳子
 行政と防災 阪神・淡路大震災 被災状況及び復興への取り組み状況:神戸市の復興10年の足取りの概略を知るのに便利です。
震災10年 神戸からの発信:市民・事業者・市の協働と参画によってできた神戸よりの情報発信です。神戸が育みそだてた
                  「温かみ」を感じとっていただけたらと思います。
新たなビジョン(中期計画)の策定:「神戸のこれからのまちづくり」がもう始まっています。
兵庫県広域災害・救急医療情報システム:災害時の対応をどうシステム化するか。医療の現場での模索をご覧ください。
人と防災未来センター:大震災の経験と教訓を後世に継承し、国内外の災害による被害の軽減に貢献する施設です。
兵庫県被災者住宅再建支援制度調査会:兵庫県単独の住宅再建共済制度をつくるための最終報告案がまとまりました。
コメント:防災政策が変わった。阪神大震災の前は、防災予算に合わせて防災政策を策定していた感が強かったが、
      それでは何もできないことが明白となった。防災には、途轍もない金がかかる。気が遠くなるほどの時間もかかる。
      震災10年は、その長い道のりのほんの第一歩に過ぎなかった。
     震災10年、問われているのは、災害に対する備えが整備されているかどうかだけではなかった。都市を全体してどう
      建設していくのか、そこで市民がどのような地域コミュニティを構築していくのか、だった。
     日本で官と民がこのような視点に立って大規模な都市づくりを試みた例は、かつてなかった。震災10年、神戸は
      いろいろな問題をかかえながらも、よくやったと思う。
     神戸は今、2010年までを目標期間とする「新たなビジョン」づくりを始めている。街そのものが人に優しい
      ユニバーサルな社会をどうやってつくるか、そして、どうやって神戸を活気ある元気な街にするか。神戸の真価が
      問われる新しい時代がすでに始まっている。
 神戸から未来へ ! 「公的支援法」実現ネットワーク被災者支援センター:「天災を人災にしてはならない」「被災者が生活基盤を回復するには
                            公的援助の法律が必要」と、「公的支援法」の制定と改定を提言し続けている。
芦屋物語(芦屋市):芦屋の地域情報サイトとして、震災公的支援問題などの震災関連情報を発信しつづけている。
震災がつなぐ全国ネットワーク:全国各地の災害救援団体が「緩やかに」連携して 活動を行うためのネットワーク
神戸・週末ボランティア:週末ボランティアは被災者支援のために、週末一度の善意を生かすグループです。被災地高齢者
                の見守り活動を行っています。
被災地NGO恊働センター:KOBEでの経験を活かし国内外を問わず自然災害に即座に反応し、災害救援活動を行っている。
                   また生きがい仕事づくり事業としての「まけないぞう事業」に取り組んでいます。 
CODE 海外災害援助市民センター:海外災害地への援助活動など災害救援活動を幅広く展開している。
AMDA兵庫:アジア医師連絡協議会の兵庫支部。医療の現場から、ネパールなどへの援助活動を展開している。
フェアトレードひょうごネット:フェアトレード(Fair Trade)は、公正、公平(フェアな)貿易(トレード)です。草の根貿易、オルタナティブ・
      トレード(Alternative Trade---もうひとつの形の貿易)とも呼ばれています。フェアトレードは、寄附や援助とは異なり、立場の
      弱い人々が正当な報いを受け誇りを取り戻して自立することを共に目指す、生産者と消費者の対等なパートナーシップ
      (Partnership:協力関係)による貿易です。このフェアトレードを行うためのネットワークが形成されはじめています。
コメント:震災から10年、神戸が未だ克服しえていないものがある。神戸の内と外にある「震災弱者」。これをどうするかが、
      神戸のこれからの課題であるといえよう。
     神戸の「内なる弱者」:震災は弱者を直撃する。痛手を負った人は、長く立ち直れない。神戸の経済をどう活性化させて
      いくのかも含めて、これからが正念場となろう。
     神戸の「外なる弱者」:スマトラ沖地震の甚大なる被害は、神戸のこれからの使命を鮮明にさせた。神戸は阪神・淡路
      大震災の被害を語っていればいい、というわけにはいかない。具体的にどうすれば災害から身を護れるのが、被害を
      最小限にくいとめられるのか。神戸は世界に向けて、より普遍化された形の情報発信を続けていかなければならない。
                                              
                            震災10周年関連イベント2005(保存版)
 2005年
  1/2(日)〜17(月)
震災を描いた作家たち展         於:そごう神戸店新館8階      詳細
        「あれから10年阪神淡路大震災復興の記録『震災を描いた作家たち展』」を開催します。被災地で絵筆やカ
         メラを手にした作家たちの作品を通して、この10年の軌跡を振り返ります。
 1/5(水) 消防出初式     10:00〜11:30        於:メリケンパーク     詳細 
       震災100年にあたり、決意を新たに「安全で安心して暮らせるまち神戸」の実現をめざし、市民と連携した
        訓練を披露します
       10:00〜式典:部隊観閲・復興の鐘 打鐘・市長式辞等
       10:34ごろ〜演技・訓練等披露:和太鼓松村組演技、未来っ子消防隊防火パレード、三都市消防音楽隊演奏、
                           はしご車演技、
市民による消火訓練、消防団ポンプ操法披露、総合訓練、
                           陸・海からの鮮やかな一斉放水など
 1/5(水)〜17(月) 震災10年展示〜震災で何を伝えたか、そして何を伝えていくか   於:市役所1号館2階の市民ギャラリー    詳細
        「震災で何を伝えたか、そして何を伝えていくか」をテーマに、震災時の経験や教訓を次世代に語り継ぐため、
         市が発行した広報紙、グラフ誌、記録誌などを展示。
        また、市民のみなさんから募集した震災当時の写真や、この10年間を振り返る年表などで復興の歩みをたどる
         ほか、昨年の台風23号や新潟県中越地震の被災地で支援を行っているボランティアの活動なども紹介
 1/7(金) 震災から10年目のメモリアル特別企画・ALIVE 「6年3組の阪神大震災」より   14:00〜     於:新神戸オリエンタル劇場
        震災の年に初演。150ステージ以上の全国公演を経て、10年目の今、6年3組の子どもたちがこの神戸の地に帰って来ます !
        作/西宮市樋ノ口小学校6年3組一同・松田満    劇化・演出/ふるかわ照
        出演:劇団自由人会
        料金:全席指定席1500円(小学生未満無料) 当日500円増
        問合せ:劇団自由人会 078-784-3701
 1/7(金)
  〜1/10(月・祝)
みらい体感!神戸テクノフェスタ〜震災を乗り越えて〜 10:00〜17:00   於:神戸ファッションマート1階・アトリウムプラザ
         震災10周年の区切りに、復興を牽引し、神戸経済を支えるリーディングカンパニー、元気な会社21社が、
          普段では知ることのできない技術や製品を工夫を凝らして展示します    入場無料   詳細
         参加企業:神戸製鋼所、川崎重工業、三菱重工業、三ツ星ベルト、ノーリツなど
         内容:ロボットのデモンストレーションや地震探知システムの紹介など
         1/7(金) 9:30〜オープニングセレモニー開催 イベント・スケジュール詳細
         1/8(土) 13:00〜国際宇宙ステーションのクルーを務めた米国人宇宙飛行士エドワード・マイケル・フィンク
                    さんが宇宙の生活について語ります
         主催:神戸発・先端技術展実行委員会
 1/7(金)〜19(水) 阪神淡路大震災10周年記念展「1.17からの再出発〜外国人県民とともに〜」  9:00〜20:00   入場無料  詳細
         於:ひょうご国際プラザ 交流ギャラリー(国際健康開発センター2階〔兵庫県立美術館西隣〕)
         震災直後の外国人県民向け放送の原稿など、当時の資料を初め、10年間の復旧・復興過程で、
          兵庫県国際交流協会が取り組んできた活動を紹介しています
         問合せ:兵庫県国際交流協会 TEL:078-230-3260
 1/8(土) 震災シンポジウム      於:神戸ファッション美術館オルビスホール
        災害発生時にNPO法人やマスメディアが果たす役割について考えるシンポジウム
        パネリスト:堀江政生(朝日放送キャスター)、黒田裕子(NPO「しみん基金・KOBE」)、林英夫(神戸市議)、
               中村順子(コミュニティ・サポートセンター神戸)、畦布哲志(ジャーナリスト)
 1/8(土) 震災10年復興感謝のつどい〜笑顔でつくろう!これからの神戸〜      於:神戸国際会館
        震災10年を経過し元気な姿に復興しつつある神戸に関連した構成で吉本新喜劇を開催し、市民を無料招待する。
         また、震災当時と現在の商店街の姿を比較した写真のパネル展示を行う
        問合せ:神戸市商店街連合会 078-360-3232
 1/8(土) 子どもぼうさい甲子園     13:30〜     於:中央区・シーガルホール
        中学生が中心になって進める防災教育の活動紹介。
        問合せ:「子どもぼうさい甲子園」実行委  06-6345-1551
 1/8(土) 神戸スポーツ夢フェスタ2005      10:00〜    於:神戸ウイングスタジアム 芝生 アプローチ広場
        「震災から10年という節目の年に、震災の経験、神戸スポーツの歩みを子供たちに伝え、ここ神戸から
         スポーツを通じて元気を発信しよう!」という趣旨の下、ラグビー、野球、サッカー、フラッグフットボール&
         チアリーディング、テニスと5つの教室が行われ、ウイングスタジアム北側にある芝生広場には、
         神戸市内の小学生400人あまりが集まった
 1/8(土) スマトラ沖大地震・津波被災者救援チャリティーコンサート    18:00〜   於:兵庫国際交流会館   入場無料
        コロンビアやパナマ、グアテマラなどの学生によるラテン音楽の演奏が楽しめます。
        主催:ラテン音楽バンド"el grito"(エルグリト)の主催
        問合せ:兵庫国際交流会館 078-242-1741
 1/9(日) 震災10年 東灘市民放水大会    11:00〜12:00      於:住吉川河川公園(東灘区西岡本7)
        震災犠牲者に黙祷、消防団による小型動力ポンプ操法の披露、野寄区地車保存会の「だんじりばやし」、
        防災福祉コミュニティー・消防団・事業所などによる一斉放水、炊き出しなど
        問合せ:東灘消防署 078-843-0119
 1/9(日) ファミリーコンサート Vol.9 〜震災遺児の心の癒しセンター レインボハウス(虹の家)支援チャリティーコンサート 〜
        14:00〜    於:東灘区民センター うはらホール
        出演:ソプラノ/伊藤聡子,並河寿美 メゾソプラノ/橋爪万里子,井上智津子 
           テノール/井上ひろふみ,清原邦仁 バリトン/伊藤 正,澤 一孝 ピアノ/藤江圭子 
           合唱/ファミリーコンサート特別編成合唱団
        曲目:J. シュトラウス II/春の声,プッチーニ/オペラ「蝶々夫人」より,モーツァルト/レクイエムより,ほか 
        主催:ムジカヴィーヴァ 
        入場料:¥2,500/当日¥3,000 
        問い合わせ:神戸コンサート協会(078-805-6351)
 1/9(日)〜17(月) 六甲カトリック教会「震災追悼祈りの会」      於:六甲カトリック教会大聖堂(灘区赤松町3)
        「ノベナ(連続9日間)の祈り」 10:00〜 (1/10と1/15は13:00〜   1/16は9:00〜)
 1/10(月・祝) 神戸・希望の灯り 分灯         於:中央区・東遊園地
        兵庫県内や徳島県から学校や市民グループなど7団体が参加。分灯された火は全国60カ所以上に運ばれ、
         17日前後に開かれる追悼行事で点灯される
 1/10(月・祝) 震災10年フォーラム「大地震の時代〜復興10年・兵庫からの視点」      於:兵庫県公館
        特別報告:石黒耀(作家・医師)
        パネル討論:災害復興基本法制定の必要性やボランティアのあり方について
                池澤夏樹(作家)、伊藤滋(早稲田大)、貝原俊民(阪神・淡路大震災記念協会)、
                河瀬直美(映画作家)、高坂健次(関西学院大)各氏が参加                
 1/10(月・祝) 阪神・淡路大震災10周年記念・被災マンションシンポジウム「マンションは立ち直ったか? 震災復興を問う !
        13:30〜     於:兵庫県私学会館(中央区北長狭通4)
        講演「被災マンション復興支援政策の問題点」:山岡淳一郎(ノンフィクション作家)&藤木良明(愛知産業大教授)
        パネル討論:「建て替え」派 VS 「補修」派
                見た目の被害が大きくても修繕できる場合が多い。補修に対する公的補助を厚くしたり、
                 修繕の専門家の育成が必要
                復興方法を決める材料となる建物調査への補助が必要などの意見がでた
        問合せ:被災地クラブ  078-842-4738
 1/12(水) 震災10年シンポジウム「伝え、つなぎたい」    14:00〜17:30     於:ホテルオークラ神戸
        作家の藤本義一さんの基調講演
        神戸大学と読売新聞大阪本社が、神戸・大阪・横浜の市民を対象に行った震災の記憶と風化に
         関する意識調査を岩崎信彦・神戸大学教授が発表し、パネルディスカッションを行います。
         パネリストは、加藤寛(兵庫県こころのケアセンター研究部長)、加藤いつか(阪神淡路大震災1・17
         希望の灯り副理事長)鐘ヶ江管一(前島原市長)北原糸子(災害史研究家)の各氏
        参加無料   定員500人(応募者多数の場合は抽選)
        申込:郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、はがきかFAX、メールで以下の宛先に。
            〒530−8551(住所不要)  読売新聞大阪本社「伝え、つなぎたい」事務局
              FAX:06-6881-7064    E-mail:o-kioku@yomiuri.com
        問合せ:同実行委員会事務局   .06-6312-8212
 1/12(水)〜15(土) 創造的復興フォーラム「伝えよう 1.17の教訓−創造的復興から未来へ−」    於:神戸国際会議場   詳細
        健康福祉、社会・文化、産業雇用、防災、まちづくり、総括検証の6分野54テーマにわたる検証の結果を
         報告し、震災の教訓と未来に向けた提言を国内外に発信するフォーラムを開催。
        1/12(水)〜1/14(金) 復興10年総括検証・提言報告会
        1/15(土) 復興10年総括フォーラム
        参加料 無料(定員になり次第受付終了)
        申込・問合せ: 兵庫県創造的復興フォーラム実行委員会
              (兵庫県阪神・淡路大震災復興本部総括部復興企画課内)078-362-4040 FAX:078-362-4459
 1/13(木)〜17(月) いまだ風化せず〜報道と記録展        於:さんちかホール
       神戸新聞の報道写真や震災特集号、震災のテレビ映像などで震災を振り返ります。
 1/13(木)〜17(月) 「KOBE1995 After The Earthquake」 展   11:00〜18:00     於:神戸芸術工科大学    詳細
       写真家の宮本隆司氏が震災直後の神戸を撮影した作品「KOBE1995 After The Earthquake」を展示。
        1996年にヴェネチア・ビエンナーレの日本館などで展示され海外で高い評価を受けた作品です
       問合せ:神戸芸術工科大学 広報入試課(電話078−794−5039)
 1/14(金)〜26(水) 須磨区の震災と復興の写真展     9:00〜17:00(木曜休)     於:すまいるプラザ大黒「いどばたギャラリー」
        須磨区内の震災による被災状況や復興の 写真、資料を展示
        問合せ:須磨区まちづくり推進課  078-731-4341(内線215)  FAX 078-732-0728
 1/15(土) 震災 10年〜神戸から新潟へ〜プロ野球 12球団ふれあいチャリティー     於:神戸ワールド記念ホール
        震災当時、乳幼児だった小学5、6年生約 100人を招待して、プロ野球選手約 50人がゲームなどを行う。
        会場では義援金をつのって、新潟中越地震や台風23号被災地などの復興に役立てる。
        見学者(定員 3000人)を公募しています。 
        見学の申込:往復はがきに、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、職業(学校名)を記入して、
          〒540-8770 大阪東郵便局私書箱715号「プロ野球 12球団ふれあいチャリティー係」
                tel  06-4807-3666       
        申込期間:12/1(水)〜12/14(火)必着
 1/15(土) 阪神・淡路大震災10周年記念イベント 炊き出し大会    11:00〜   於:人と防災未来センター
        屋台コーナーで、うどん、おでん、焼そばなどの炊き出しが行われます。多彩なイベントも開催されます
        問合せ:人と防災未来センター 078-262-5060
 1/15(土) みくら大集会      17:30〜20:30       於:みくら5・6・7丁目自治会館(長田区御蔵通6)
        御蔵地区の復興町づくりにかかわったボランティアや団体の集会。約40人が参加しました
        会食費込み 3000円   要申込
        問合せ:まち・コミュニケーション 078-576-7961
 1/15(土) 震災 7か国世界子ども会議      14:00〜      於:東灘区・御影公会堂
        日本、コロンビア、トルコ、台湾、インド、アルジェリア、イラン各地の地震被害で遺児となった27人が参加。
        あしなが育英会が進めている震災遺児交流会の一環としておこなわれる。
        各国震災遺児の死別や被災体験の発表/7か国震災遺児から共同メッセージの発表
        「世界のみなさん、スマトラ沖大地震・津波遺児を温かく支えて下さい」という共同宣言を採択した
 1/15(土) 震災10年 医療フォーラム「あの時 そして これから〜震災10年目からの出発〜」  13:00〜   於:西山記念会館
        テーマ:「大震災と医療-検証と今後の展望」
         コーディネーター:川島龍一・神戸市医師会会長
         パネラー:矢田立郎・神戸市長、歌手の平松愛理さん
         YMCAによるハンドベル演奏や平松愛理さんのミニコンサートも
         入場無料  手話通訳、要約筆記付き     定員 700人
         問合せ:神戸市医師会 078-351-1410
 1/15(土) 震災10周年を心に刻むつどい      14:00〜16:30     於:灘区民ホール5階    無料
        第一部:コンサート「あなたへのレクイエム」  フルート・渡辺玲子   ピアノ・滝久美子
        第二部:記念講演「震災の教訓とこれからの福祉と介護」  講師:中村大蔵(特別養護老人ホーム園田苑)
        問合せ:ろっこう医療生活協同組合   078-802-3424
 1/15(土) 震災 10年〜神戸から新潟へ〜プロ野球 12球団ふれあいチャリティー     於:神戸ワールド記念ホール
        震災当時、乳幼児だった小学5、6年生約 100人を招待して、プロ野球選手約 50人がゲームなどを行う。
        阪神の赤星憲広外野手や、震災当時選手だった三輪隆・オリックスコーチらが参加
        会場では義援金をつのって、新潟中越地震や台風23号被災地などの復興に役立てる。
        見学者(定員 3000人)を公募しています。 
        見学の申込:往復はがきに、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、職業(学校名)を記入して、
          〒540-8770 大阪東郵便局私書箱715号「プロ野球 12球団ふれあいチャリティー係」
                tel  06-4807-3666       
        申込期間:12/1(水)〜12/14(火)必着
 1/15(土) 阪神淡路大震災追悼ハイク   被災地を巡り震災の事を考えるハイキングです
        コース:三宮→西宮     主催:日本ボーイスカウト大阪27団BS隊    問合せ:06-6939-7304
 1/15(土) 阪神・淡路大震災10周年 メモリアルコンサート      18:30〜    於:神戸新聞松方ホール
        第1ステージ:太鼓集団輪田鼓、民舞「風の輪」
        第2ステージ:記念トーク  森村誠一&池辺晋一郎&南風洋子
        第3ステージ:詩の朗読 南風洋子
                合唱 阪神大震災鎮魂組曲「1995年1月17日」  神戸市役所センター合唱団
        料金:一般2500円 中高生1500円 小学生・障害者1000円 (当日各500円増)
 1/15(土) 元町商店街パレード            於:元町商店街
        県吹奏楽連盟が主催。マーチングバンド演奏に取り組む県内 18団体、700人が参加。
        9年ぶりの開催
 1/15(土)〜16(日) メモリアルコンファレンス・イン・神戸 10年の総検証      於:人と防災未来センター・防災未来館内メインステージ
        1/15(土) 10:30〜17:00   1/16(日) 10:30〜12:00
        「震災の教訓はどう生かされたのか、生かされていないのか?」を6つの分科会と総合討論で総検証します
        音楽、詩、美術、演劇などの分野でボランタリーに活動されたアーティスが、震災後10年を機に結集して、
         メモリアルコンサートを開催します。
        参加料 無料(当日会場で受付)
        問合せ:メモリアルコンファレンス事務局(京都大学防災研究所 巨大災害研究センター内) 0774-38-4273
 1/15(土)〜16(日) 須磨震災から10年の集い         於:すまいるプラザ大黒
        避難所体験(15日19:00〜16日8:00) ※事前に申し込みのあった人のみ
        追悼式(16日8:45〜9:30)
        震災コンサート(16日10:00〜12:00)
        問合せ:須磨震災から10年の集い実行委員会  078-795-3786
 1/15(土)〜16(日)  震災10年 神戸からの発信 神戸ツーデーマーチ    於:大倉山公園
        2日間で市内6コースを設定し、震災モニュメントなどを訪ねるウォーキング大会。全国各地から4000人参加
        ・15日 東コース(距離によって異なりますが、北野異人館街や灘の酒蔵、ハット神戸などを廻ります)
        ・16日 西コース(距離によって異なりますが、長田地区や須磨寺、兵庫の津、明石海峡大橋近辺を廻ります)
        スタート:・30キロコース 7:00受付 7:45出発式 8:00スタート 16:00までゴール受付
             ・20キロコース 8:00受付 8:45出発式 9:00スタート 16:00までゴール受付
             ・30キロコース 9:00受付 9:45出発式 10:00スタート 16:00までゴール受付
        参加費:事前申込 一般1500円  小中学生1000円
             当日申込 一般1800円  小中学生1200円 一日参加、二日参加とも同額。
        問合せ:神戸ウォーキング協会     電話・FAX 078-251-0114
 1/16(日) 震災10年の集い・教訓と想いを胸に    14:00〜   於:サポートステーション灘・つどいの家(神戸市灘区)
        震災の記憶を子どもたちに伝え語り合う。17時46分、竹筒にローソクを立て黙とう。
        問合せ: 078-842-4365
 1/16(日) 「雪地蔵」作り      8:00〜      於:東遊園地・北川広場
        「富山県ボランティア市民の会」のメンバーがトラック7台で運んで来た50トンの雪で、高さ1メートルの雪像
         約400体をつくります(約3時間)。日没後、地蔵の足元にろうそくの火がともされる
        約200人のボランティアが参加しました
 1/16(日) 御蔵・菅原地区合同慰霊法要         於:長田区・御蔵北公園
        主催:御蔵通 5・6・7丁目自治会      遺族や地元住民ら200名が参加
 1/16(日) 鷹取中避難所同窓会     15:00〜    於:須磨区・鷹取中学校図書室
        当時の避難者、ボランティア、学校関係者対象。1/10(月・祝)までに連絡を。神生さん 090-3628-1701
 1/16(日) 阪神・淡路大震災10周年記念事業 国際協力ひろば特別シンポジウム「神戸から世界へ」   13:30〜16:00
        於:神戸文化ホール・中ホール
        基調報告:杉 良太郎さん
        パネルディスカッション:渥美公秀(大阪大学助教授)、鵜飼卓(兵庫県災害医療センター顧問)、
                      村井雅清(被災地NGO協働センター代表)、柳瀬啓子(コープこうべ理事)の各氏
            コーディネーター:藤井康博(読売新聞)
        無料   要事前申込    定員 900名  先着順
        申込・問合せ:読売新聞大阪本社 事業開発部「国際協力ひろば」係 06-6366-1848
            HPからも申込できます・詳細
 1/16(日) 阪神・淡路大震災10周年記念事業 忘れない-10年を経て-   13:00〜16:30  於:神戸国際会議場・メインホール
        パネルディスカッション「忘れない−10年を経て−」:
           コーディネーター:鴻池祥肇 元防災担当大臣
           パネラー:(社) 神戸青年会議所理事長、 (社)芦屋青年会議所理事長 、(社)明石青年会議所理事長、
                  (社)淡路青年会議所理事長 、(社)西宮青年会議所理事長
        「マグニチュード−明日への架け橋−」の上映
        未来へ向けての神戸メッセージの発信など   詳細
        定員:700人      無料
        申込:メールか電話、FAXで  1/11(火)締切  詳細
        問合せ:神戸青年会議所 078-303-0075
 1/16(日) 被災者支援 市民検証      13:00〜16:30     於:ピフレホール(神戸市長田区)JR新長田駅南側
        岡本光彰さんの歌と、パーカッショングループ「散打」による演奏 13:00〜
        作家・小田実さんの基調講演 14:10〜
        パネルディスカッション 14:40〜  テーマ:「災害列島を居住福祉国へ」
          長島忠美・新潟県山古志村村長、奥村忠俊・出石町町長、中島絢子・「公的支援法」実現ネットワークら
        問合せ:「公的支援法」実現ネットワーク 078-366-0140
 1/16(日) 「週末ボランティア」10年目の集い     13:00〜16:00     於:神戸市勤労会館
        今日まで延べ383回の被災者訪問支援活動を行ってきた「週末ボランティア」
        被災地高齢者見守りのオンブスマンとしての役割を担いつづけていくことを確認しました  詳細
 1/16(日) 兵庫県教職員組合「震災と教育を考えるシンポジウム」   9:30〜   於:ラッセルホール(神戸市中央区中山手通4)
        米国、中国、トルコ、インド、フィリピンの各国代表から、地震・水害などの被災後に、学校でどのような
         教育を行っているかや、教材・教職員の研修の状況について聞く。兵庫県教育復興担当教員らによる
         10年間の活動のまとめや、新潟県中越地震の被災地の子どもの様子なども報告される。
 1/16(日) 今は亡き愛する人を偲び話しあう会          於:神戸レインボーハウス
        震災遺児らが亡き父母にあてて書いた作文を朗読。遺影に花を供えたあと、グループに分かれて
         それぞれの思いを語り合う会
        震災遺児とその家族、親類63人と、海外の震災遺児19名、あしなが育英会関係者ら計160名が参加
 1/16(日) 震災10年グループホーム「星が丘」からの発信−地域で安心して暮らし続けるために−    13:00〜
        於:垂水勤労市民センター レバンテホール
        1部 シンポジウム〜震災10年地域共生の住まいとケアを検証する〜
          コーデイネーター:浜岡 政好氏(佛教大学社会福祉学部教授)
          パネリスト:浅野弥三一氏(都市計画家)、大橋豊氏(ひょうご福祉ネットワーク)、
                 酒井邦夫氏(呆け老人をかかえる家族の会)
        2部 長編アニメーション映画「サムシンググレイト−地図にない町−」上映(痴呆性老人問題を考える)
        3部 出会い・ふれあいコンサート(地域の皆さんによる踊り、合唱など)
        入場料:500円 (先着500名、座席指定)
        問合せ:特定非営利活動法人福祉ネット星が丘 078-708-3233
 1/16(日) 被災地サッカー交流会       於:ユニバー記念競技場
        14歳以下の神戸選抜 VS 15歳以下のトルコ・クラブチーム
        99年に15000名以上が死亡したトルコ少年チームとの交流試合。 9-0でトルコ・チームが圧勝した。
 1/16(日) 夜空のミュージックポット   17:40〜20:00    場所:ポートアイランド北西角荷揚げ場内(予定)仮設劇場
        震災とこれまでを振り返り、詩の朗読や大合唱などを行うイベントです。神戸の星空の下、みんなで歌いましょう
        参加費:3653円  中学生以下1000円 
        問合せ:「夜空のミュージックポット」実行委員会事務局   078-327-0585
           16年10月17日(火)から歌唱練習がスタートしますので、参加者を募集しています。 
 1/16(日) アンサンブル・神戸 特別演奏会 Vol.5  シューマン「レクイエム」     16:00〜    於:神戸新聞松方ホール
        出演:老田裕子(ソプラノ)、橋爪万里子(メゾソプラノ)、竹田昌弘(テノール)、小玉晃(バリトン)、
             矢野正浩(指揮)、神戸21世紀復興合唱団、アンサンブル・神戸(管弦楽)
        曲目:R.シューマン/序曲「ヘルマンとドロテア」、新年の歌、ミニヨンのためのレクイエム、レクイエム
        料金:前売 3000円、当日3500円、友の会2500円、学生1500円
 1/16(日) 神戸21世紀復興記念コンサート2005 ヴェルディ作曲:鎮魂歌レクイエム  14:00〜16:00  於:神戸文化ホール 詳細
        指揮:山本郁夫     管弦楽:フィルハルモニア神戸   合唱:震災10年追悼式典合唱団
        料金:S席5,000  A席4.000  B席3,000  当日各500円増
 1/16(日) 震災メモリアル こどもわいわいウォークラリー〜わすれないよKOBE あるこう・あそぼう・かんじよう〜    10:00〜16:00
        於:神戸市内公道・公園、王子スポーツセンター
        三宮から王子スポーツセンターまで、子供たちがポイントを巡りながら、震災が残したものや乗り越えた人間の
         持つパワーの大切さを知るウォークラリーです
        終了後は、参加者全員で炊き出しを体験。体育館内では、遊びのコーナー、自分表現のコーナー、
         語り合うコーナーなど、子供が思い切り体を動かし、ありのままの自分を表現できる場をつくります
        参加費 1000円
        問合せ:大阪YWCA青少年部震災メモリアル実行委員会    06-6872-0527
 1/16(日) 追悼ウォーク「げんぺいのみち」     10:00〜須磨浦公園駅出発
        須磨浦公園駅〜須磨寺〜キャナルプロムナード〜ハーバーランド
        問合せ:特定非営利活動法人 Eウオーキング倶楽部 080-1425-6211
 1/16(日)〜17(月) 第10回 1.17追悼・連帯・抗議の集い  1/16(日) 11:00〜18:00  1/17(月) 5:00〜19:00    於:神戸市役所前
        焼香、献花、記帳       震災10年の軌跡と現況の展示コーナー(11:00〜16:00)
        1/16(日) 13:30〜17:00 シンポジウム「大震災の教訓は生きているのか」
                         ルポライターの鎌田彗さん、彫刻家の金城実さんなど
        問合せ:兵庫県被災者連絡会 078-651-0259
 1/16(日)〜17(月) 神戸元気村・同窓会         於:灘区・石屋川公園
        阪神大震災の被災地で活動したボランティア団体「神戸元気村」の元スタッフが、かつての活動拠点に結集。
        17日の朝、ろうそくを並べて「PEACE」の文字を作り、犠牲者の冥福を祈った。
 1/17(月) 阪神淡路大震災 1.17のつどい         於:中央区・東遊園地(神戸市役所南側)
        前日日没頃〜1/17(月)終日 「雪地蔵」ろうそく点灯
        5:00〜21:00 「1.17(竹灯ろう)」点灯
                 記帳・献花受付
        5:46〜 黙祷、市長・ご遺族による追悼の言葉・献花式(神戸市震災10周年追悼の集い)
        9:00〜 「1.17震災メモリアルサイクリング」出発
        10:00〜 ミニコンサート(交流テント)
        17:46〜 黙祷
        21:00 『阪神淡路大震災 1.17のつどい』終了
    「1.17のつどい」実施に向け、会場の設営・準備・撤去作業等のボランティアを募集しています 詳細
 1/17(月) 阪神・淡路大震災 神戸市追悼式   14:00〜15:00    於:中央区・ポートアイランドホール(ワールド記念ホール)
        震災から10年目の節目となる1月17日、で「阪神・淡路大震災神戸市追悼式」を行います。
        どなたでもお越しいただけますので、多くのみなさんの参列をお願いします。
        申し込みは不要です。ご自由にご参列ください
        問合せ:神戸市行政局庶務課 078-322-5062
 1/17(月) 1.17ひょうごメモリアルウォーク 2005       
        震災10周年となる1月17日、緊急時の避難路、救援路となる「山手ふれあいロード」をともに歩き、
         終点のHAT神戸で「10周年追悼式典」に参加する『1.17ひょうごメモリアルウォーク2005』を実施します。
        スタート地点:東ルート=7時半:西宮市役所▽8時:芦屋・川西運動場
                 西ルート=8時:県立文化体育館▽9時:大倉山公園野球場▽9時45分:王子公園
                 ゴールはHAT神戸・人と防災未来センター前で10周年追悼式典に合流
        HAT神戸ではコンサートやKiss-FMの公開放送、NPO等の震災復興活動を紹介するパネルの展示など
        なぎさ公園で防災訓練、炊き出し、ふれあいバザーなどが行われる。15時から県立美術館アトリエでコンサート
        ウォーク参加申し込みや事業内容等、詳しい情報は詳細をご覧下さい。
        問合わせ:1.17ひょうごメモリアルウォーク実行委員会 (兵庫県阪神・淡路大震災復興本部総括部
                    復興推進課内) 078-361-5557    E-mail:fukkousuishinka@pref.hyogo.jp
 1/17(月) 1・17in甲南      10001500     於:東灘区・甲南本通商店街内
        震災写真展、日生町との交流など。      問合せ:078-411-1601
 1/17(月) 六甲道駅北地区震災復興まちづくり10年プロジェクト  14:00〜20:00   於:集会所「風の家」(安心コミュニティプラザ)
        パネル展(15−17日)、シンポジウムなど   当日参加自由
        問合せ:六甲道駅北地区まちづくり連合協議会 078-882-3747
 1/17(月) 神戸大学 阪神・淡路大震災10周年事業    11:45〜16:30   於:灘区・神戸大学六甲ホール
        音楽演奏、交流講演会など
        問合せ:神戸大学企画部  078-803-5032
 1/17(月) 鎮魂火      17:46〜21:00         於:大日六丁目商店街にぎわい広場(神戸市中央区大日通6)
         「鎮魂火」点灯式、豚汁のふるまいなど      詳細
         サークル紙ふうせんの人たちが折った鎮魂・千羽鶴が会場に飾られています
 1/17(月) 阪神・淡路大震災 震災犠牲者の追悼式     11:45〜    於:三宮センター街     無料
         阪神・淡路大震災10周年を記念して設置した「讃太陽」モニュメントで献花を行い、犠牲者を追悼
         問合せ:三宮センター街PR委員会 078-331-3548
 1/17(月) 手づくり市民追悼式     10:00〜     於:兵庫県私学会館大ホール(元町駅北)
         音楽法要−声明と琵琶のしらべ。   13:30〜被災者市民交流会。藤本義一さんら講演。
         問合せ:阪神・淡路大震災被災者ネットワーク   078-371-5789
 1/17(月) 10周年早朝追悼集会     5:30〜7:00       於:中央区・諏訪山公園(ビーナスブリッジ)
         主催:阪神・淡路大震災救援・復興兵庫県民会議  078-371-4560
 1/17(月) 阪神・淡路大震災犠牲者追悼のつどい     5:30〜       於:兵庫区・会下山公園北広場
         問合せ:会下山ラジオ体操会 078-531-5040
 1/17(月) 震災10周年記念碑除幕式      11:00〜      於:兵庫区・湊川公園南側
        震災の伝承と災害意識の継承をはかる。碑文を書いた藤本義一さんが出席。
        問合せ:神戸兵庫ライオンズクラブ 078-579-3305
 1/17(月) 震災から10年、感謝を込めて有馬から〜有馬のまちと1.17 温もり  11:20〜16:10    於:有馬温泉   詳細
         震災防災シンポジウム11:20〜16:10   於:有馬グランドホテル
           講演:独立行政法人 消防研究所理事長・室ア益輝氏  テーマ「震災から学ぶこと」
           豚汁の炊き出し(有馬婦人会主催) 於:有馬温泉観光総合案内所前
           有馬小学校合唱「しあわせ運べるように」
           講演:作家/コメンテイター・玉岡かおる氏  
                  テーマ「明日にそなえる安全郷〜震災10年にみつめなおす防災意識」
           パネルディスカッション(テーマ「温泉と地震」)
             コーディネーター:NHK解説委員(東京農工大学客員教授)・斉藤宏保(ひろやす)氏
             パネリスト:NPOシンクタンク京都自然史研究所理事長・西村進氏、落語家・桂あやめ氏、
                   (社)有馬温泉観光協会長・當谷正幸氏、有馬温泉旅館協同組合理事長・増田晴信氏
           有馬防災安全都市宣言など
 1/17(月) 1.17KOBEに灯りをinながた    13:00〜22:00     於:JR新長田駅前広場      詳細
        今年は「伝える」をテーマに市民がそれぞれの思いで製作する竹文字の点灯(17:30〜22:00)や
         鎮魂ライブ、炊き出しなどが行われます。
 1/17(月) 「大若」神戸の壁跡1・17の集い    5:20〜6:00    於:長田区・フレールアスタ若松北入り口・震災復興記念碑前
        イルミネーション、ペットボトル製の灯ろう点灯など。
        問合せ:同実行委  090-4302-8231
 1/17(月) 1.17ろうそくによる追悼行事     5:00〜  17:00      於:長田区・御蔵北公園
        ペットボトルに立てたろうそく1000本を点灯。
        問合せ:御菅地区合同慰霊法要実行委 078-576-7964
 1/17(月) 1.17神戸に灯りをinみくら     17:00〜     於:長田区・御蔵小学校
        震災資料展、鎮魂太鼓演奏(17時46分)、灯火(18時45分)など。
        問合せ:同実行委  078-577-3343
 1/17(月) 震災合同慰霊祭      10:00〜     於:長田区大道通1の復興住宅
        長寿友の会を中心に10年を節目として合同の慰霊祭。舞台でのパフォーマンス。コリアボランティア協会協賛
        問合せ: 06-6717-7301
 1/17(月) 灯りをいつまでも     17:30〜20:00      於:フレール大道(長田区大道通3)
        高齢者と小学生手づくりの灯ろうで絵文字を描く。
        問合せ:阪神高齢者・障害者支援ネットワーク 078-976-5050
 1/17(月) 1.17メモリアルろうそく法要     5:30〜    於:長田区大橋7丁目市民花壇
        新長田、大橋、若松地区で亡くなった人の慰霊。ろうそくをともし10年目の誓いを立てる。
        問合せ:NPОクレックス 078-641-5241
 1/17(月) 地域の住民とボランティアのつどい    5:30〜     於:長田区・池田南部自治会連合会地域集会所とその周辺
        合同慰霊祭に続き、よさこいソーラン、住民による楽器演奏、落語、炊き出しなど     無料
        問合せ:地域のなんでもや「すばる」  078-643-3226
 1/17(月) 1.17長田メモリアルウォーク      9:30〜長田区・新長田勤労市民センター出発
        再開発地域、区画整理地域などを歩く
        問合せ:震災復興長田の会 078-641-1651
 1/17(月) 長田1・17行進曲/震災から10年目。ガガガSPは8年目。君はどうする。俺はおもしろいことするんじゃ !!
         19:00〜     於:再開発ビルアスタくにづか4番館「サイトコウベ」
        神戸市を拠点に活動する人気バンド「ガガガSP(スペシャル)」のライブ。
        (2年前の復興フリーライブは、長田区の南駒栄公園で行われ、若者ら約1万人が集まった)
        料金 2500円   定員380人   来場者にはTシャツをプレゼント  入場券はチケットぴあで。
        問合せ:サイトコウベ   078-612-3340
 1/17(月) 震災10年垂水区より発信     5:30〜12:00      於:苔谷公園コミュニティセンター(舞子台4-1)
        一部 点灯・献花式(5:30〜6:30)
        二部 震災パネル展(9:00〜12:00)
        事前申し込み不要、参加無料
        問合せ:垂水消防署  078-705-0119
 1/17(月) ロータリー100周年神戸・トルコ・台湾被災地市民交流会   18:30〜  於:垂水区・シーサイドホテル舞子ビラ
        トルコ・台湾被災地の市民との交流
        問合せ:国際ロータリー第2680地区 078-304-2680
 1/17(月) 国連防災世界会議プレシンポジウム〜みんなで考える明日の防災〜   15:30〜17:30(受付14:30〜)
        於:神戸ポートピアホール(神戸ポートピアホテル内)     定員 1000名
        ICA理事長の緒方貞子氏(元国連難民高等弁務官)やバングラデシュ防災担当大臣による基調講演のほか、
         国連人道問題担当事務次長らによるパネルディスカッションを実施
        参加方法:事前申し込みが必要です (申込方法はHPでご確認ください)
        問い合わせ:アジア防災センター 078-262-5540
 1/17(月) 日野原重明講演会「みんなで考える命の尊さ-震災から10年」    14:00〜16:00    於:於:西山記念会館
        日野原重明は終末期医療の第一人者、内科医、93歳、「生きかた上手」の著者
                 その少年期を神戸で過ごした人です。
        入場料 1500円    チケット申込:神戸バイブル・ハウス 078-252-1966     
 1/17(月) 竹下景子 詩の朗読と音楽 〜 10回目の1.17のために     18:30〜    於:新神戸オリエンタル劇場
        全国公募の詩の中から優秀作品を女優の竹下景子氏が朗読し、朗読に合わせピアノ演奏を行う。
        10年の集大成として詩集を発行、震災文学として発信する。DVD(コンサートの模様)も制作する
        コンサートには林晶彦氏、ロビン・ロイド氏、マリオネットなどの音楽家が出演
        入場料:3000円(全席自由) 
         問合せ:復興支援コンサート実行委員会 090-1147-4298
 1/17(月) 阪神・淡路大震災メモリアルコンサート    19:00〜    於:兵庫県公館
        10回目となる今回は、テレマン・アンサンブルによるバロックや日本の楽曲をお楽しみください。
        入場無料(要申込)
        申込:往復はがきに住所・氏名・電話番号・人数(1枚2名まで)を記入のうえ、
            〒650-0011中央区下山手通4-16-3 兵庫県民会館内兵庫県芸術文化協会文化振興部事業第2課
            1/6(木)必着。(多数時抽選)
        問合せ:兵庫県芸術文化協会 078-321-2002
 1/17(月) KOBE MEETING 2005           於:中央区・チキンジョージ
        神戸出身のシンガーソングライター・平松愛理さんの阪神大震災被災者支援ライブ。
        復興キャンペーンソング「美し都」などを歌う
        問合せ:チキンジョージ TEL:078-392-0146
 1/17(月) 震災10年特別観望会      18:30〜    於:青少年科学館      無料    詳細
        プラネタリウム特別番組「ソレイユ」鑑賞と、南公園で天体観望会を行います。
        申込:電話で、先着順に受け付けます     定員 200人。
 1/17(月)
    〜2/20(日)
特別展 震災復興10周年記念国際公募展「兵庫国際絵画コンペティション」     於:兵庫県立美術館3階・企画展示室
        震災から10年の節目を迎えるにあたり、「生きる」ことの尊さや「心の復興」の大切さをあらためて確認する
        ため、「再生」というテーマのもとに国際的な公募展を開催します。
        世界80カ国以上から約3,000人の作家、約8000点の応募があり、その中から選ばれた優秀作およそ100点を展示。
        料金:一般500円、大・高生400円、小・中生250円
        問合せ:兵庫県立美術館 078-262-0901
 1/18 (火) ピース・トーク・マラソン2003-2007 in 兵庫 〜 1人ひとりにできること。1人のためにできること。〜with国際防災・人道支援フォーラム2005 〜大災害を語り継ぐ〜     14:00〜18:00     於:ポートピアホテル ポートピアホール
        様々な市民レベルでの国際平和や国際防災協力活動への思い、市民ひとり一人が大災害の経験を
         風化させることなく「語り継ぐ」ことの重要性を確認することを目的として、元ラジオ関西社長の
         山口一史さんほかをパネリストに迎えるパネルディスカッションや女優の藤原紀香さんが参加する
         ピーストーク等を実施します。
        参加方法:事前申込が必要(申込方法はHPでご確認ください)。  1/7(金)締切
        問合せ:神戸新聞社広告局業務推進部「ピース・トーク・マラソン」係 078-362-7077
 1/18 (火) ビルとすまいの地震対策シンポジウム      10:00〜    於:神戸国際会議場502会議室    無料
        建築・住宅の地震対策の意義、対策、効果、実施方法などの取組みについての報告・パネルディスカッション
        主催:建築研究所     問合せ:神戸市住宅政策課 078-322-5575
 1/18 (火) 地域防災シンポジウム in 神戸 2005     13:30〜17:00      於:神戸国際会議場・メインホール
        講演「震災10年と自然災害」:沖村孝(神戸大都市安全研究センター教授)
        パネル討論「神戸、そしてつながり」:小野三恵(灘消防団)、後藤勇一(福井市ボランティア連絡会)、
                               アジズ・ユルドゥルム(トルコ内務省)らが参加
        対談「神戸 そして未来へのメッセージ」:掘内正美(「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」)、真野響子さん
        定員:先着600名   無料
        問合せ:同実行委員会 078-360-6101
 1/18 (火) いま、被災者の救援のために       14:00〜16:00      於:神戸国際会議場・501号室
        テーマ:「災害地のボランティア活動の10年」
        コーディネーター:野田正彰(関西学院大学教授)
        パネラー:青木しげゆき(神戸の冬を支える会)、伊佐秀夫(クリニック希望)、池田清(下関市大教授)
        問合せ:関西学院大学研究支援課 0798-54-6104
 1/18 (火)〜22(土) 国連防災世界会議         於:神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場ほか     詳細
        国連に加盟する百九十一の国と地域の政府や国連機関などの代表らが参加。
        横浜戦略の見直し結果を踏まえ、兵庫戦略の採択に向けた議論を行う。戦略の表題は「災害に強い国・
         コミュニティーづくり」。災害リスクを軽減するため、国際社会が取り組む目標や十年間の行動メニュー、
         各国の実施状況を監視、評価する仕組みなどを盛り込む。
        会議の焦点:津波の早期警報システムや、被災国の復興を支援する国際的な仕組みをどう構築するか
        「兵庫宣言」の発表:兵庫戦略を一般向けにわかりやすく示した「宣言」を発表する。
        こうした国連加盟国等による政府間会合のほか、「減災」をテーマとしたシンポジウムや展示会などの
         一般参加事業も開催されます。
        問合せ:兵庫県国連防災世界会議担当 TEL:078-341-7711(内3162)
 1/18 (火)〜22(土) レスキューロボット・デモンストレーション       於:神戸国際展示場・神戸大学神大会館六甲ホールほか
        最先端のレスキューロボット等を国連世界防災会議などで公開し、震災後始まった研究開発への取り組み
         について紹介
        国際会議場内での展示ブースでの紹介、パネル展示のほか、国際シンポジウム、レスキューロボットの
         デモストレーションなどを実施
        問合せ:特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構  078-303-3630
 1/18 (火)〜22(土) 震災対策技術展・学術展・シンポジウム   1/18(火)13:00〜 1/19(水)〜22(土)10:00〜   於:神戸国際展示場
        「阪神・淡路大震災」の経験と教訓を全国に発信し、震災対策技術の向上と対策の推進を図るイベントです
        問合せ:国際観光コンベンション協会 078-303-0029                  無料
 1/18 (火)〜30(日) 被災者の心を癒し励ました ひょうごゆかりの洋画家100人展  10:00〜18:00   於:県立美術館・原田の森ギャラリー
        兵庫県出身もしくは兵庫県を活動エリアにしていた美術作家で現存・物故を問わず、被災者の心を癒し、
         復興から成長への県民の活動を勇気づけた美術作家を100人選定し、彼らの作品や足跡を紹介 
        入場無料
        問合せ: 078-362-9436
 1/19(水) アジア地域における総合防災政策と防災優良事例フォーラム   9:20〜12:00   於:神戸国際会議場 301号室
        「アジア地域における総合防災政策と防災優良事例」をテーマに掲げ、アジア地域における災害リスクや
         脆弱性を軽減するためには、どのようにしたら良いのかについて、5カ国からの優良事例の発表等を
         行うフォーラムです    参加無料
        当日、アジア各国の優良事例を希望者に冊子として配布します。
        参加方法:事前申込が必要です(申込方法はHPでご確認ください)
        問合せ:アジア防災センター  078-262-5540      Eメール:goodpractice@adrc.or.jp
 1/19(水) シンポジウム「災害医療における国際協力」    14:00〜17:00     於:神戸国際会議場 501号室
         防災関連研修員による中南米地域11カ国の災害医療及び防災行政の現状と課題について発表するとともに、
         日本の災害医療分野における国際協力の実際について発表するシンポジウムです。日英逐次通訳です。
        参加方法:事前申込不要、直接会場にお越し下さい。参加費無料。
        問合せ:兵庫県災害医療センター TEL:078-241-3131
 1/19(水) 市民フォーラム「予想される巨大地震に備えて」     14:00〜      於:神戸国際会議場・503〜505会議室
        来るべき大地震に備えて、多くの方々に命の大切さ、防災・震災対策の意義・必要性を理解してもらい、
         安心で安全な街造りを目的に市民フォーラムを開催
        司会進行:小山乃里子
        出演者:大久保昌一(大阪大学名誉教授/LSO理事長)「都市防災について」
             河田恵昭(人と防災未来センター・センター長)「次の巨大地震に備えて」
             宮澤 健二(工学院大学教授/LSO顧問)「震災10年・木造住宅の耐震性」
             石丸 信明(建築家/LSO理事)
        問合せ:特定非営利活動法人「人・家・街 安全支援機構」 06-6456-1010
 1/19(水)〜20(木) 国際レスキューシステム研究機構 第3回国際シンポジウム     10:00〜17:00 
        於:神戸大学・百年記念館神大会館六甲ホール    無料    詳細
        各研究者の研究発表、海外の研究者による招待講演やパネルディスカッションを行います
        シンポジウム期間中、講堂ロビーでロボット・システム及び防災機器関連企業による展示ブースを設置しています
 1/19(水)〜21(金) 阪神・淡路大震災10周年教育復興の集い   9:30〜17:00     詳細
        於:神戸国際会議場、阪神・淡路大震災 人と防災未来センターほか
        復興に向けた県の「新たな防災教育」の取り組みを総括するフォーラムや分科会などを開催します。
        対象:防災教育・災害時の心の健康について指導的立場にある教員など
        問合せ:県教育委員会企画調整担当 TEL:078-362-9441
 1/20(木) 国際シンポジウム「安全な地域社会をめざして」   9:30〜17:30    於:神戸国際会議場(ポートアイランド)
        「神戸から世界へ、世界から神戸へ」という観点から、防災の効果的な草の根活動的アプローチの必要性と、
         より安全な地域社会を形成するための手段として災害に耐える安全な建設の推進について議論を深めます。
        また、住宅の安全性についての理解を深め、啓発していく方策を示すため、振動台による実験も行います。
        問合せ:国連地域開発センター防災計画兵庫事務所 078-262-5560
 1/20(木) 震災10年と市民社会     14:00〜17:00      於:神戸国際会議場・501号室
        基調報告「神戸宣言にこめた思い」:芹田健太郎(CODE海外災害援助市民センター)
        パネル討論「くらしを支える市民のきずな」:クアテモック・アバルカ(メキシコ・トラテルロコ地区住民連絡会)、
                                  諏訪清二(県立舞子高校)、村井雅清(NGO協働センター)など
        問合せ:CODE海外災害援助市民センター 078-578-7744
 1/20(木) 第1回国際都市防災会議「公開シンポジウム」    15:00〜     於:神戸国際展示場     詳細
        都市巨大災害からの長期的復興をテーマに行う同会議の成果をみなさんに知ってもらうため、
         「協働と参画の危機管理を目指して」をテーマに、シンポジウムを行います
        定員 約20名  入場無料
        参加者募集:往復はがきで(詳細参照のこと) 1/7(金)消印有効
        問合せ:国際都市防災会議実行委員会事務局 078-842-2311
 1/20(木) 県民復興会議 国際シンポジウム「生活再建10年の到達と課題」   14:00〜17:00  於:神戸国際展示場・3B会議室
        「被災者は人間らしい暮らしを取り戻せているのか」を中心に、諸外国との比較も交えながら、現在の到達点と
         自然災害列島日本の課題を明らかにするシンポジュウムです。
        コーディネーター:菊本義治(兵庫県立大)
        シンポジスト:塩崎賢明(神戸大)、伊賀興一(弁護士)、児玉善郎(日本福祉大)
        問合せ:阪神・淡路大震災 救援復興兵庫県民会議 078-371-4560
 1/20(木) 守ろう いのちを 救急救命フォーラム     於:神戸新聞松方ホール・デュオドーム
        医療関係者や市民救命士等を招いて、救急救命の意味と意義を震災体験や日常生活の危機管理として
         アピールするシンポジウムを開催。市民を対象にした救急救命の体験スクールも実施します。
        問合せ:守ろう いのちを 救急救命フォーラム実行委員会 078-362-7010
 1/20(木) 震災記念特別講演会「震災を振り返る」       於:ホテルゴーフル神戸(中央区港島中町6-1)
        震災時の兵庫県知事貝原俊民氏による震災についての講演会
        問合せ:社団法人兵庫県建築会  阪神・淡路大震災10周年記念事業実行委員会  078-996-2851
 1/20(木)〜21(金) 多宗教共存都市・KOBEフォーラム「神の戸が開かれた地」    於:新神戸オリエンタル劇場・ネザーランズセンターなど
        多様な民族と宗教が共存する北野で行う「今こそ、神戸スピリット」と題するフォーラム。
        国連世界防災会議の出席者に北野コミュニティを体験していただくともに、さまざまな立場のパネリストによる
         フォーラムで復興を世界にアピールする。また、狂言、歌劇など日本独自の文化・芸術を発表し、国際都市
         としての発展に寄与することを目的として開かれる。
        問合せ:多宗教共存都市・KOBEフォーラム「神の戸が開かれた地」実行委員会 078-333-7052
 1/21(金) 災害ボランティア世界会議      10:00〜16:30      於:神戸国際会議場502号室     無料
        基調講演「アメリカにおける減災の取り組み」:グレイグ・ネミッツ(全米災害救援ボランティア機構)
        NTTコムウェアによる、携帯電話を使った災害救援ボランティア支援システムのデモンストレーション
        防災の知識を集める「知恵のひろば」の発足会、世界の知恵の交換会や海外の事例発表
        問合せ:日本災害救援ボランティアネットワーク 078-231-9011
 1/21(金) 危機管理研究会 神戸安全ネット会議「産学官ネットワーキングセミナー」   13:30〜17:30   於:神戸国際会議場
        危機管理をテーマにした講演と、13年発足以来の震災を経験した神戸らしい特徴的な活動の報告   無料
        申込:往復ハガキで危機管理室(〒650-8570住所不要、電話 078-322-6238)へ。1/14(金)必着。抽選
 1/22(土) 国連防災世界会議 WHO・APNパブリックフォーラム「気候災害と人間の健康」    9:00〜12:00
        於:神戸国際会議場 国際会議室301    詳細   
        「気候災害と人間の健康」をテーマに、国連防災世界会議の関連事業として、パブリックフォーラムを開催。
        健康及び環境分野の国際的な専門家が最新の研究成果を発表し、将来起こりうる気候災害にむけて、
          コミュニティ・レベルでも対処できるような対応策の論議を深めます。
         主催:WHO健康開発総合研究センター、APN(アジア太平洋地球変動研究ネットワーク)、兵庫県
         定員:200名(参加費:無料、先着順) ※日英同時通訳付き
         参加方法:事前申込が必要
                メールかファックスで、氏名、住所、メールアドレス、電話・FAX番号を明記の上、APNまで。
                 申込期限:平成17年1月13日(木)              (Fax: 078-230-8018、E-mail: ktaguchi@apn.gr.jp)
         問合せ:APNセンター(担当:三谷、田口)  TEL:078-230-8017
 1/22(土) 追悼と共生の集い      11:00〜16:00    於:JR新長田駅前・ピフレ広場とピフレ会館大ホール
        追悼と炊き出しの再現、在日外国人による民族舞踊など。
        問合せ:在日大韓民国民団兵庫県地方本部 078-371-3010
 1/22(土) 地震・津波と稲むらの火 こどもワイワイサミット    9:30〜11:40     於:神戸国際会議場
        防災教育をテーマに各界の代表者が小中高生らと話し合う
        問合せ:地震・津波と稲むらの火 こどもワイワイサミット事務局 078-574-0701
 1/22(土) 阪神・淡路大震災10年 movie&live特別チャリティー  13:30〜   於:神戸文化ホール・小ホール(シーガルホール)
        映画「She's Rain」の監督・白羽弥仁さんと出演者によるトーク
        映画「She's Rain」(よみがえる神戸の街、大切な心・・・)上映
        染谷俊さんによるピアノ弾き語りミニライブなど    詳細
        料金:前売1,500円  当日1,800円(入場料のうち500円をあしなが育英会に寄付)
        問合せ:「She's Rain」again実行委員会 090-6378-0459
 1/22(土)
 1/29(土)〜30(日)
阪神淡路大震災10周年記念〜修復室からこんにちは〜        於:兵庫県立美術館・修復室
       震災を一つのきっかけとして新たにスタートした修復室の活動をご紹介するとともに、修復室の一部を
        特別公開します。どのように絵画を修復、保存しているかがわかるよ
       常設展示室5 出入口より入場 ※要コレクション展観覧券
 1/22(土)
     〜2/6(日)
新長田復活祭 ASUTA FREE FESTA 2005     於:アスタくにづか4番館SITE KOBE
        震災復興10年のメモリアルライブイベント。
         1/22(土) 神戸市在住のバンド、アーティストによるコンテスト。予選を勝ち抜いた6バンドによる決勝を行い、
                  最優秀作はCD化により発信。
         1/29(土)〜1/30(日) 「美しき街、神戸」をテーマに募集した映像、写真とプロの映像作品に音楽を融合させた総合芸術を上演
         2/6(日) 「神戸向日葵芸術祭」と題した絵画、詩、創作物の展示とコンサートによる総合アートイベント
        入場料:一般 2000円  学生 1500円
        問合せ:新長田SITE KOBE   078−612−3340
 1/23(日) 震災10周年記念「都賀川で長巻寿司を巻こう !」   13:00〜15:00   於::都賀川河川遊歩道(JR線〜阪急線)
        阪神・淡路大震災10周年を期に、震災の時に築いた連帯感を長巻寿司に託しましょう
        対象:2800人を予定(ただし小学生以上で身長130cm以上)
        参加費:無料      雨天時は食材のみ配布
        申込:はがきに、住所、氏名、電話番号を記入のうえ下記まで
             〒657-0043灘郵便局留め「長巻寿司を巻こう」実行委員会行き   12/10(金)必着
        問合せ:長巻寿司を巻こう実行委員会 090-8129-8320
 1/23(日) 炊き出し    10:00〜     於:農業公園(西区押部谷町高和)
        震災10年、西区で取れた農産物を使って、震災当時の炊き出しを再現     無料
        当日は「神戸ワインの日」で、入園・駐車料が無料です
 1/24(月)〜25(火) 震災10年 神戸からの発信「天国からの贈り物」      1/24(月) 19:00〜    1/25(火) 15:00〜 19:00〜
        於:新神戸オリエンタル劇場
        <作>渡辺鶴 <演出>須永克彦
        被災した神戸を舞台にした劇「天国からの贈り物」を創作し上演。
         神戸に暮らす普通の人々のこの10年を振り返り、これからのあるべき姿を求め、制作されている劇です
        料金:前売 A席 4000円  B席 3000円 当日 500円増
        問合せ:劇団道化座 078-803-2458
 1/25(火)
    〜3/13(日)
震災ボランティア写真展     9:30〜17:30(金・土曜日は〜19:00)   於:人と防災未来センター・防災未来館
        「ありがとう10周年。『風が運んだ救援隊』を振りかえる」震災ボランティア写真展を開催。
        震災直後からボランティアとして、さまざまなかたちで被災地の人々の姿を写真にとらえ続けた写真家・
         北川幸三氏の作品を紹介し、震災後の10年間を振り返ります
 1/27(木) ホッと神戸楽しまNight「鎮魂と希望をのせて」     於:神戸酒心館ホール
        和太鼓の魂の響きによる「鎮魂と希望の太鼓」、兵庫区在住で被災者の詩人による詩「みよちゃん」(言葉を
         失った被災少女がしゃべるまでの詩)の朗読、鎮魂と希望をテーマにした創作曲の演奏など
        問合せ:ホッと神戸  080-5301-4673 
 1/28(金) 震災を乗り越えて、将来の更なる発展を期して 祈念講演会「経営に心を添える」    於:兵庫県民会館 けんみんホール
        真の震災復興は経済活動の復興が大切。その経済を支える企業・商店が創業の原点に返り、将来の更なる発展
         を期して、力強い経営活動を展開していただく願いを込めて、祈念講演会を開催。演題は「経営に心を添える」 
        問合せ:NPO法人 兵庫経営塾 078-361-0565
 1/28(金)〜31(月) フリースクール表現展「アートパーグフェスタ 2005」 11:00〜17:00(最終日〜16:00) 於:神戸アートビレッジセンター
        不登校の子どもたちによるアート作品の展示やクラフトコーナー
        「アートパークフェスタ」は10年前、阪神大震災で全壊した校舎の廃材を使った表現活動を通して、子どもたちに
         元気を取り戻してもらおうと、生まれた。
        今年は、12〜18歳の17人が台風で被災した淡路島の流木などを使って制作した、作品を並べています。
        問合せ:078-366-0333(田辺)
 1/29(土) 市民社会フォーラム第24回例会 大震災10年の教訓―災害列島日本の生活保障    14:00〜17:00
        於:みくら5・6・7丁目自治会館 (神戸市長田区御蔵通6丁目)     詳細
        阪神・淡路大震災から10年、災害を受けた人々の生活再建はどこまで公的に保障されるようになったか、
          今後の課題は何か、学習・交流します
         講師:出口 俊一さん (兵庫県震災復興研究センター事務局長)
        視察会「震災10年後の御蔵地区を歩く」   10:00〜13:00
          集合:プラザ5(神戸市長田区御蔵通5-92-2 みくら5 101)
         大震災で地域全体が全焼した御蔵地区をフィールドワークし、震災復興の市民活動について交流を行います。
         ガイド:プラザ5代表 上田 諭信さん 
        申込:どなたでもご参加いただけます。参加費不要・要事前申し込み。
            視察会・学習会、いずれかだけの参加だけでも歓迎いたします
        問合せ:市民社会フォーラム  E-mail:NQC41966@nifty.com
 1/29(土) 阪神・淡路大震災10周年記念事業 「平成16年度創造支援フォーラム」      於:兵庫県立男女共同参画セミナー
         「阪神・淡路大震災から10年〜私たちのさらなる挑戦」をテーマとするパネルディスカッションなど
        問合せ:兵庫県立男女共同参画センター  078-360-8550
 1/29(土) 震災10周年記念 日本赤十字社Heart Gift Talk & Concert(仮称)−災害と献血−     於:三宮センタープラザ
        阪神・淡路大震災時の救護活動の検証や輸血用血液の安全対策等の取組み報告、
         台風23号及び新潟地震に対する赤十字の救援救護活動報告など
        問合せ:日本赤十字社兵庫県支部 078-241-9889
 1/29(土) 神戸フィルハーモニック ニューイヤーコンサート   14:00〜    於:於:神戸文化ホール・大ホール
        出演:神戸フィルハーモニック    指揮:朝比奈 千足
         第1部:ドリーブ バレエ「コッペリア」より、    ビゼー 小組曲「子供の遊び」Op.22
           カバレフスキー 組曲「道化師」
         第2部(ヨハン・シュトラウスU世の作品集)  ペルシャ行進曲 Op.289、   ポルカ ハンガリー万歳 Op.332
                   ワルツ 南国のバラ Op.388    ポルカ 雷鳴と電光 Op.324    新ピチカートポルカ Op.449
                    トリッチトラッチポルカ Op.214      ワルツ美しき青きドナウ Op.314
         入場料:全席自由   一般 前売 2000円   当日 2500円      高校生以下 1000円
        阪神・淡路大震災10周年記念事業
 1/29(土)〜30(日) 第5回ひょうごボランタリー・スクエア21        於:神戸市・JR神戸駅周辺
        ボランティア・市民活動元気アップアワード、ひょうごボランティア市民活動フォーラム・ボランタリーステージ、
        ふれあいマーケットなど
        問合せ:第5回ひょうごボランタリー・スクエア21実行委員会  078-360-8845
 1/30(日) NPOボランティア文化フェスティバル     10:30〜15:30        於:東灘区民センター分館(078-453-0151)
        震災時のボランティアグループが集まり活動報告します。
        問合せ:NPOボランティア文化フェスティバル実行委員会  078-841-0310
 1/30(日) 阪神淡路大震災10周年記念事業−文豪谷崎と神戸,淡路人形浄瑠璃の世界ー   13:00〜 
        於:コープこうべ生活文化センター大会場
        1部では「大震災で倒壊した鎖蘭閣と谷崎」をテーマに、震災で消失した多くの文化遺産について語り合う
        2部では県立三原高校の生徒が鎮魂の祈りを込め淡路人形浄瑠璃を上演する
        入場料:一般 1000円  学生 500円  小学生以下 無料
        問合せ:コープこうべ生活文化センター講座推進委員会 078-811-3949
 1/30(日) 被災留学生による語り部と癒しのコンサート   13:30〜     於:ピフレホール(神戸市長田区)JR新長田駅南側
        第1部:留学生たちの体験談  イラン伝統楽器「サントゥール」の演奏
        第2部:六車智香さんの歌曲の調べ
        入場料:前売券 2000円 当日券 2500円   留学生 1000円   学生 1500円
        主催:特定非営利活動法人 留学生ホストファミリー交流センター  078-646-7100
 2/2(水) 震災を忘れない市民による追悼    13:30〜15:30    於:東灘区・御影公会堂(阪神石屋川駅から5分)   詳細
        内容:震災を語り伝える記録映像、炊き出し(ぜんざい300食)、銭太鼓、クラリネット演奏、劇:11匹のねこ
            コーラス(みんなで歌いましょう)、お土産付    無料
        地域住民・被災者・御影公会堂で避難されていた方など、ご参加ください
        問合せ:NPO法人東灘地域助け合いネットワーク 078-843-4029
 2/3(木) ひょうご・元気アップふれあいの集い   14:00〜   於:神戸アートビレッジセンター2階 KAVCホール     無料
        阪神・淡路大震災から10年を迎え、犠牲となられた方を追悼するとともに兵庫区の復興・発展を
         祈念するためのコンサートです
        出演:神戸市混声合唱団、神戸市室内合奏団
       定員:150人(申込み多数の場合は、抽選)
        申込:往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入し、1/17(月)までに下記へ
            (1枚のはがきで2人まで申し込み可、2人の場合は必ず申し込み者全員の氏名を明記のこと)
        問合せ:兵庫区役所総務課   〒652-8570(住所不要)    078-511-2111(内線 238)
 2/3(木) 震災10年メモリアル・こころあったかコンサート〜新垣勉を迎えて〜   18:00〜20:00   於:神戸文化ホール中ホール
        震災10年をテーマに選曲した愛情のこもった歌と、心温まるおしゃべりで構成されたコンサート。
        料金:一般 当日4,000円、前売3,000円    学生(小・中・高生を含む)当日・前売とも2,000円
        問合せ:震災10年メモリアル・こころあったかコンサート実行委員会  078-904-3260
 2/4(金) スマトラ沖地震津波救援合同報告会      17:00〜19:30     於:JICA兵庫・ブリーフィングルーム
        昨年末のスマトラ沖地震津波発生の後、いち早く被災地に赴き、援助活動や調査を実施したJICA緊急
         援助隊や日本赤十字社、アジア防災センター、人と防災未来センター等の職員が現地の様子と各機関の
         活動について報告します。   申込:不要  
        問合先:JICA兵庫  TEL:078-261-0341  FAX:078-261-0342  Eメール: jicahic@jica.go.jp
 2/5(土) 阪神・淡路大震災10年 ポップジャム スペシャル in 神戸   19:15〜20:45   於:ワールド記念ホール  詳細
        音楽番組「ポップジャム スペシャル in 神戸」公開生放送。
        ヒットチャートを賑わす最新ナンバーや、これからブレイクするであろうポップス&ロックをライブ感たっぷりに
         発信する音楽番組です
        出演:ポップス&ロック系アーティスト数十組予定
        司会:つんく  優香  NHK高山哲哉アナウンサー
        入場無料    定員6000名
        入場者募集:官製往復はがきの往信用裏面と返信用表面に、郵便番号・住所・名前(往信用裏面には
                 電話番号も)を明記住所・氏名を書いて   申込は、1人1通     1/19(水)必着
                〒650-8515  NHK神戸放送局「ポップジャム in 神戸」公開係
        放送予定:2/5(土) 19:30〜20:44  NHK総合・デジタル総合(生放送)
 2/5(土) ひょうご女性未来会議    14:00〜    於:神戸ポートピアホテル 大輪田の間
        様々な分野で活躍する兵庫の女性たちによる、「蘇る神戸」をテーマにした講演やパネルディスカッション。
        講演:堀内正美氏(俳優・NPO法人阪神淡路大震災1.17希望の灯り代表)
        パネルディスカッション:コーディネーター  村上和子氏(ジャーナリスト)
                      パネリスト  明瀬好子氏(健康システムコーディネーター)
                              金輝子氏(韓国レストラン経営)
                              西馬 きむ子 氏(農業、体験型農業施設運営)
        参 加 費:1500円(17:20からの交流会に参加の場合は8000円)
        問合せ:ひょうご女性未来会議  078-360-8550
 2/6(日) 阪神・淡路大震災10周年記念事業〜震災復興10年・外国人教育10年と、これから〜     於:神戸市立湊小学校
        「震災復興10年・外国人教育10年」の報告、「ちがうことこそすばらしい」をテーマにした子どもたちの作文朗読など。
         教育を中心にした外国人との共生社会づくり活動を総括・検証。 
        問合せ:兵庫県在日外国人教育研究協議会 078-231-0290
 2/8 (火) 「私の10年」〜そしてこれから〜−阪神淡路大震災10年特別フォーラム  13:30〜16:30   於:新神戸オリエンタル劇場
         「私の10年」、そしてこれからをテーマに震災当時の思い、復興、そして今後の被災地のありよう、提言などを
          語り合い、論議する特別のフォーラム。   詳細
         無料   要整理券
         問合せ:「私の10年」実行委員会  06-6343-3142
 2/11(金)〜13(日) 日本都市青年会議 21世紀を考える全国青少年体験活動シンポジウム・神戸大会 〜震災10年 神戸からの発信   詳細
        於:あすてっぷ神戸・神戸市青少年会館など
        みんなで、日本のどこでも起こりうる「震災」について意見交換をしたり、「夢」「未来」をキーワードに個人の「夢」や、
          仲間と一緒に叶える「夢」について語ったり・・・。あなたに贈る、将来への「はじめの第一歩」を応援するシンポジウムです。
        2/11(金・祝) 13:30〜受付開始、14:00〜開会式(基調講演)、16:30〜分科会、19:00〜交流会(船上パーティ)
        2/12(土) 9:00〜分科会、12:00〜昼食、17:00〜自由交流
        2/13(日) 10:00〜分科会報告会、映像クリエイター倶楽部ドキュメンタリー映画上映、閉会式
              13:00〜解散
        参加費:4,000円(資料代・昼食費・諸経費等)、各自旅費等別途、交流会費3,000円
        問合せ:NPO法人こうべユースネット TEL/FAX:078-232-1509
 2/11(金)〜13(日) 六甲山 氷の祭典〜震災10年神戸からの発信〜  10:00〜20:00(13日は17:00まで)   於:六甲ガーデンテラス
        関西で初めての氷の彫刻コンテスト。コンテストには約30体の氷像が出品され、その美しさを競います。
         1000万ドルの夜景とライトアップで輝く氷像の数々。六甲山の冬の風物詩に、新たな1シーンが誕生します。
        その他、大型作品の展示や、氷の大滑り台の設置もあります。
             六甲山小学校児童による復興・追悼コンサートや氷彫刻の制作実演などもあります
        
料金:大人500円、小人200円       荒天中止
        問合せ:六甲山氷の祭典実行委員会(事務局) 078-894-2071
 2/13(日) わかもの発!未来につなげ 1.17            於:新長田 ピフレホールなど
         ステージの部: 12301630   於:大ホール    料金:一般500円、高中200円(ホールステージのみ)
           記念講演: NHKアナウンサー古屋和雄、「人の力 地の力展(写真、映像、立体オブジェ、防災知恵袋)」
           和太鼓演奏:「鎮魂と希望の太鼓」(北区の中高生グループ「はたっこ太鼓」)
           震災から学ぶコミュニティと防災:県立舞子高校 環境防災科 活動発表
           制作映画公開上映:テーマ 震災を通じて「愛と家族」 映像クリエーター倶楽部(中高生)
         駅前広場の部(にぎわい広場): 9:30〜16:30   アトラクション・バザーなど   無料
         展示の部: 9301630   於:A会議室   写真展、「人の力、地の力展」  無料
         問合せ:兵庫県青少年本部神戸事務所 078-382-8249
 2/13(日) 新長田震災復興の検証とその出版       於:新長田ピフレA会議室(予定)
        震災復興再開発に指定された大橋3丁目地区(新長田駅北地区・東部)は、行政と協働のまちづくりを進め
         てきた。その10年のまちづくりのシンポジウムを開催し記録集を出版する。
        (今後の都市型震災における復興のまちづくりのみならず、一般市街地の都市再生、地区整備等に寄与できれば、
         との思いから企画された。)
        問合せ:大橋3丁目まちづくり協議会  078-641-0188
 2/13(日) 震災シンポジウム 2005「災害報道は進化したか」    13:00〜17:00     於:ニューオータニ神戸ハーバーランド
        新潟県山古志村の長島忠美村長と豊岡市の中貝宗治市長の講演と、
        阪神大震災や新潟県中越地震を取材した新聞記者らによる討論会
        入場無料  予約不要
        問合せ:神戸新聞デイリースポーツ労働組合 078-362-7133
 2/15 (火) 阪神・淡路大震災10周年記念「研究フォーラム」     13:30〜16:30      於:兵庫県公館大会議室    詳細
        震災の経験や教訓を継承するとともに、人と自然が共生する新たな21世紀文明の創造をめざすフォーラムです。
        基調講演:「阪神・淡路大震災から10年・創造的復興をめざして」
               講師:貝原俊民・(財)阪神・淡路大震災記念協会理事長(前兵庫県知事)
        パネルディスカッション: 「阪神・淡路大震災の教訓を生かす「21世紀文明の創造をめざして」
               コーディネーター:芹田健太郎・愛知学院大学教授
               パネリスト:五百旗頭真・神戸大学大学院法学研究科教授
                      中瀬勲・兵庫県立大学自然・環境科学研究所教授
                      林敏彦・放送大学教授
                      室崎益輝・独立行政法人消防研究所理事長

        参加方法:事前申込が必要です。申込方法は詳細をご覧ください。   
        問合せ:阪神・淡路大震災記念協会  078-262-5586   Eメール:mailto@hanshin-awaji.or.jp
 2/15 (火) 船上シンポジウム2005      13151830      於:神戸港・新港第一突堤、航海訓練所練習船「青雲丸」
       「自然災害にも活用できる練習船の機能」をテーマとした船上シンポジウムを開催
       「震災10年神戸からの発信」神戸港事業のプレイベントとして行われます
       申込:先着100人     参加費: 1500円    締切 2/10(木)
           船上シンポジウム2005  Fax:078-431-6364    Eメールで 詳細 
 2/22 (火) &
 2/22(火)〜23(水)
震災ボランティア感謝ツアー      詳細
        日帰り-神戸コース:2/22(火)    参加費用:1人 3000円
          新神戸駅(8:30出発)〜三ノ宮駅(8:45頃)〜炊き出し体験(9:00〜11:00地元住民とのふれあい
          〜有馬温泉(11:40〜13:15頃昼食と入浴)〜人と防災未来センター(14:00〜17:00頃 「交流の集い」
          参加と施設見学
)〜三ノ宮駅(17:15頃)〜新神戸駅(17:30頃)
        1泊2日-阪神・淡路コース:2/22(火)〜2/23(水)    参加費用:1人 8000円
          2/22(火) 三ノ宮駅(9:00出発)〜新神戸駅(9:15頃)〜NHK神戸放送局(9:30〜10:15 施設見学
                〜白雪長寿蔵(11:00〜13:15施設見学と昼食)〜人と防災未来センター(14:00〜17:00
                「交流の集い」参加と施設見学
)〜神戸ベイシェラトンホテル(17:30頃到着 懇親会と宿泊
          2/23(水) 神戸ベイシェラトンホテル(9:00頃)〜北淡町震災記念公園(10:15〜11:40頃 施設見学と昼食
                〜阪神高速道路被災施設(14:30〜15:30 施設見学)〜三ノ宮駅(16:00)〜新神戸駅(16:15)
        参加資格:震災時に、被災地(※)10市10町でボランティア活動をされた方
        定員:各コースとも、30人程度(最少催行人員は15名。)
        申込:詳細をご覧ください    1/31(月)締切
        問合せ:(社)ひょうごツーリズム協会 078-361-8086、FAX:078-361-8087
 2/26(土) 子どもの体験活動促進会議     13:00〜       於:ラッセホール     無料
        震災で崩壊した地域コミュニティをどう形成していくか、その解決のヒントを見つける機会とするため、
         児童健全育成に地域で取り組んでいる様々な団体や個人が、体験活動等の事例の情報交換を行うこと
         により、若い親や子どもたちのコミュニテイづくりに貢献し、地域活性化の促進を目的としたフォーラム
        1部は分科会に分かれての事例紹介と情報交換、2部は地域活動に関する基調講演、3部は分科会報告
        申込:ハガキで、   2/17(月)必着
            〒650-0044神戸市中央区東川崎町1-3-1 神戸市総合児童センター内 神戸市市子ども会連合会
        問合せ:児童家庭課  電話078-322-5210
 3/5(土) 座談会「命を語ろう〜神戸・新潟中越・東京を結ぶ市民の集い〜」   13:30〜17:00   於:神戸酒心館ホール
        神戸、新潟中越での大地震の体験、その際に明瞭に示された人間の関係の重要さ、地域の役割を話し合う。
         更に、そのような災害の際に有効な力を発揮する地域社会の構築のために提案され実践されつつある、
         「障がい者の芸術力を中心においたまちづくり」について関係者の報告を聞き、考える談話会を持つ。
        発話者:神戸の体験(小出 智子氏)
              中越地震での経験(福祉活動家、前参議院議員・黒岩 秩子氏)
              障がい者にとっての阪神淡路大震災(社会福祉法人「えんぴつの家」松村敏明氏)
              障がいを持つ子どもを持つ親のこころのケア(NPO法人「海から海へ」阿部愛子氏)
              インタラクティブ・アート・ミュージアム構想(神戸大学発達科学部・津田英二氏)
        参加者による意見交換も    無料
        問合せ:障害者から学ぶ会  090-6074-5548
 3/5(土) 10年越しの「卒業演奏会」      13:30〜     於:兵庫県立美術館・アトリエ1   無料
        兵庫県立西宮高校音楽科10期生は卒業と大学入試を目前に阪神・淡路大震災に遭遇、震災月の21日、
         高校最後の行事「卒業演奏会」を予定していましたが、やむなく中止となった。
        震災と卒業10周年の節目に、音華会(音楽科同窓会)の協力を得て、10年越しの「卒業演奏会」を開催
 3/12(土) 市民による追悼行事を考えるフォーラム      13:00〜16:00         於:ピフレホール
        市民グループの活動を検証し今後の追悼行事の方向性を探るフォーラム。
        内容:市民朗読劇「50年目の戦場神戸」
            映画と講話:映画監督 青池憲司さん
            追悼行事の事例報告:・コープこうべの取組みについて
                          ・1.17KOBEに灯りをinながたについて
                          ・震災モニュメント交流ウォークについて
                          ・神戸の壁の歌
            総括講話:立木茂雄 同志社大学文学部教授
            記念誌「追悼10年わたしたちの記録」を先着400名に無料配布
        問合せ:市民による追悼行事を考えるフォーラム実行委員会  078-262-5596
 3/13(日) 震災復興10年市民参加ミュージカル「アナテフカ物語」    14:00〜     於:神戸文化センター
        主催:(財)神戸市民文化振興財団 神戸文化ホール
        合唱には一般のかたも参加しています
        入場料(全席指定):一般¥3500、高校生以下・65歳以上¥2000
 3/19(土) LIVESOL PRESENTS「復興KOBE Harmony Concert」     17:30〜    於:神戸国際会館こくさいホール
       神戸出身のミュージシャンと、神戸を愛し、支えてくれたミュージシャンによる復興チャリティーコンサート。
       複数のアーチストによるジョイントコンサートで、出演は神戸出身の「CHIKIN GARLIC STEAK」など。
       震災時に多くの被災者に勇気と希望を与えたアカペラコーラスのハーモニーを通して、忘れてはいけない
        「震災のおもい」と「感謝・発展」を訴える
       料金:前売 3,500円    当日 4,000円
       問合せ:復興KOBE Harmony Concert実行委員会   078-752-5926
 3/19(土) しらいみちよ レクイエムロードコンサート in しあわせの村  13:30〜14:30   於:しあわせの村・本館エントランスホール
         震災犠牲者の鎮魂を目的に、犠牲者数を超える6500本の桜を植樹する活動に取り組んでいるしらいみちよさんの
           コンサート。
 3/19(土)〜20(日) FUTOSAL HYOGO OPEN 2005〜阪神・淡路大震災10周年記念事業〜    於:ワールド記念ホール  無料   詳細
       全国のフットサル選抜チームが参加する大会と講演、交流会    
       参加 12チーム:新潟県選抜、東京都選抜、埼玉県選抜、静岡県選抜、石川県選抜、広島県選抜、
                 四国地域選抜、関西地域選抜、鹿児島県選抜、和歌山県選抜、大阪府選抜、兵庫県選抜
       競技方法:1ブロック(3チーム)×4ブロックの予選リーグ後、各順位戦を行う。
              試合時間は40分、ハーフタイムは10分。
       問合せ:兵庫県フットサル連盟 078-232-0753
 3/19(土)〜5/8(日) 春の企画展U「神戸の遺跡が語る災害の記録」   9:30〜16:30    於:神戸市立青少年科学館   詳細
       神戸の遺跡からわかる災害史を、地層のはぎ取りや埋蔵物など貴重な資料から科学的に考察します
       展示内容:垂水日向遺跡からわかる火山の大噴火、古墳を横切る断層、慶長(伏見)の大地震、
              兵庫の津・長屋跡に見る宝永の大火、絵で見る阪神大水害の記録、
              写真で見る阪神淡路大震災復興の記録、見なおそう防災グッズ
       開催中イベント:4/3(日) 「縄文時代の葉っぱでしおりを作ろう」
                           縄文時代の堆積層より落ち葉を取り出してしおりを作ります
 3/20(日・祝) 〜いつも何度でも〜 木村 弓 ハートウォームコンサート     12:30〜    於:神戸国際会議場
       木村弓さんが歌う、映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」は、もとは震災で被災した叔母さんを
        見舞ったときの町の惨状を思い出し、震災に対する想いを重ねて作曲されたものである。今回、木村弓さんと、
        作詞を担当した詩人の覚和歌子さんを迎え、詩の朗読や「いつも何度も」が生まれた秘話を交えた、心が暖かく
        なるコンサートを開催します
       料金:前売 3,000円    当日 3,500円 (全席自由席)
       問合せ:木村 弓コンサート実行委員会    0798-72-6245
 3/20(日・祝) レクイエムロード 桜の植樹
       歌手のしらいみちよさんが平成11年から取り組んできた、震災犠牲者の鎮魂のために震災の犠牲者数を超える
        6500本の桜を植樹してレクイエムロード(鎮魂の桜並木)を全国に作る活動の6500本目の植樹を行います。
       スケジュール: 9:30〜 灘浜緑地    13:00〜 六甲山牧場
                15:15〜 灘丸山公園   16:00〜都賀川公園(国道43号北側)
       しらいみちよさんメモ:しらいみちよさんは、95年暮れに神戸で始まった光の祭典「ルミナリエ」で、震災復興
        応援歌を歌った。
       震災死者を上回る6500本の植樹を目標として、99年3月に神戸市灘区で植樹を始め、チャリティーコンサートの
        収益金などで、北海道から鹿児島県屋久島まで全国約100カ所に植樹した。
 3/21(月・替休) レクイエムロード チャリティーコンサート    18:30〜    於:沢の鶴資料館(大石南町1丁目29−1)
       震災犠牲者の鎮魂の意を込めて、しらいみちよさんがコンサートを行います。当日は、区内の震災犠牲者数
        933人の鎮魂の灯りを会場周辺にともします
       入場料:3500円   入場券は、沢の鶴資料館(電話 078-882-7788)で発売
       問合せ:2005レクイエムロード in KOBE実行委員会(電話)078-881-1240
 3/25(金)〜28(月) 防災世界子ども会議2005 in ひょうご      詳細
        会場:3/25(金)・26(土) 国営明石海峡公園 神戸地区
             
3/26(土) コープこうべ生活文化センター、神戸
             3/27(日) JICA兵庫国際センター、神戸
             
3/28(月) 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場、淡路島

        日本の子どもたちと、震災から復興する世界の国々の子どもたちが一緒に震災被害の軽減や復興に
          ついて話し合います。
        テーマ:命の尊さを考えよう!
        ※3月25日から28日のプログラムについては、募集を終了したものがあります。
         自由に参加できるのは、3月26日(土)「ユニセフのつどい」、3月28日(月)「宣言発表会」です。
        「ユニセフのつどい」:3/26(土) 16:00〜19:30    於:コープこうべ生活文化センター 2階ホール
                     世界のともだちと心をつなごう。「防災世界子ども会議2005inひょうご」に参加する
                      世界11カ国の子どもたちと交流しませんか?
                     交流、軽食タイム、UPP(ユニセフパークプロジェクト)国際キャンプでの子どもたちによる
                      遊び場づくりについての発表もあります。
                     問合せ:日本ユニセフ協会兵庫県支部 078-435-1605 FAX 078-451-9830
        「宣言発表会」:3/28(月) 13:00〜17:00  於:淡路夢舞台国際会議場
        全日程スケジュール:詳細
        問合せ:JEARN防災世界子ども会議2005実行委員会 078-251-6833
 3/26(土) 西神第7仮設住宅ボランティアのつどい     13:00〜21:00    於:神戸市勤労会館
       震災当時全国から集まり、共に支援活動を行ったボランティアが再度神戸に集い、地元にもどってからの
        各自の「神戸からの発信」をどのように展開したかの報告をしあう。
       「復興の過程で見えたもの『地域』と『くらし』」をテーマにしたパネルディスカッション、各地のボランティアによる
        活動報告、小学校児童との交流、ミニコンサートなど 
       参加費:一般、学生共 500円
       申込:郵送申込 〒650-2109 神戸市西区前開南町1-2-1
       申込期間:平成17年2月25日〜3月26日(消印有効)
       問合せ:特定非営利活動法人 阪神高齢者・障害者支援ネットワーク 078-976-5050
 3/27(日) 震災10年事業 「わかば」の舞台 神戸の慰霊地巡り      湊川神社正門 8:45集合
        湊川神社〜大国公園〜メモリアルパーク〜東遊園地〜北野町〜しあわせの村〜シンポジウム〜三宮駅
        公開シンポジウム:
         基調報告:NHKアナウンサー住田功一氏「語り継ぎたい 命の尊さ」
         パネラー:日本沼津災害救援ボランティアの会 青少年
               KOBE在宅ケア・ボランティアグループほほえみ
        募集人数 50名(市外優先・先着順)     参加費 2000円(弁当付き)
        申込:電話かFAXで  神戸市社会福祉協議会ボランティア情報センター「ほほえみ 慰霊地巡り係」
                     078-271-5306    FAX 078-271-5365     1/31(月)締切
 3/28(月)〜29(火) 中高生トライヤル歩く神戸     集合 3/28(月) 10:00    解散 3/29(火) 15:00解散 
        義経ゆかりの地をめぐり、長田の震災資料室や区内にある震災モニュメントを歩いてまわります。
        3/28(月) 垂水〜須磨〜長田〜兵庫〜若者の家(夕食・宿泊)
        3/29(火) 若者の家〜中央〜灘〜東灘
        参加費:2000円(宿泊代、食事代3食、保険料など)
        対象:神戸市内在住、在勤、在学の13歳〜18歳    定員:30名
        申込:ハガキ、FAX、E-Mailで、氏名・住所・学校名(学年)または職業、年齢、性別、電話番号、FAX番号明記
             〒650-8570(住所不要) 神戸市生活文化観光局青少年課「トライヤル歩く神戸」係   2/28(月)締切
              電話078-322-5181   FAX 078-322-6034   Eメール seisyounen@office.city.kobe.jp
 4/1(金)
   〜'06年3/31
「大震災10年 西須磨住民運動の記録−創造的市民社会づくりに挑む」
        西須磨・月見山地区における、NPO組織と自治会との連携による自治の仕組みづくりの取り組み経過を
         冊子にまとめ、全国に伝える。
         開催場所:主として西須磨小学校・北須磨小学校区内の取り組みを対象
        問合せ:西須磨まちづくり懇談会  078-733-3560
 4/8(金)
    〜5/8(日)
神戸元気アートフェスティバル     於:須磨パティオ・館内外
       神戸市内の児童に「こんな街にしたい」「こんな人になりたい」などの夢のメッセージを絵にしてもらい、その絵と
        メッセージをバナーにプリントし会場内に飾り、神戸からの子どもたちの元気なメッセージを発信します
       地域の家庭に眠っている不要な衣類を、NPOを通してアジア・アフリカ・中南米の避難民・被災者に送付します
       問合せ:須磨パティオ・震災10年記念企画実行委員会 078-791-7100
 4/10(日) 阪神・淡路大震災10周年 ふあうすと川柳大会    13:00(開場11:00)〜16:30     於:兵庫県民会館
        講演:NPO法人CS神戸の中村順子氏「揺れて変わって創った暮らし」
        川柳大会:題目は震災に関わる「水」「祈る」「起きる」「助ける」「いのち」「灯」「希望」の7題
        作品募集:参加者は作品(7題×各2句)を受付で配る句箋に書いて提出。
               当日会場で11時〜12時に受付(欠席投句は拝辞します) 参加費2,000円
        入場料: 作品を提出しない見学希望者は無料
        問合せ:ふあうすと川柳社  078- 303-8807
 4/10(日) 震災10周年記念演劇『ワルルル・・・』上演会    14:00〜    於:新長田ピフレホール
        阪神・淡路大震災で被災した在日韓国人一世の高齢女性を題材にした演劇。永住の地日本の国で地震災害に
         遭うまでの半生と被災後も地域と共にたくましく復興していく生き様を描く。
        入場料:1500円   要申込
        実施団体:『ワルルル・・・』長田上演実行委員会
        問合せ:078-737-3196 (FMわいわい内)
 4/19 (火)
    〜5/8(日)
写真展「新潟県中越地震 被災地の人々〜新潟から神戸へのメッセージ」 9:30〜17:30(金・土曜日は9:30〜19:00)
        於:人と防災未来センター「防災未来館」1階ロビー(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
        昨年の10月23日に発生した新潟県中越地震にいち早く駆けつけ救援活動にあたった須藤眞啓氏(災害救援
         ボランティア推進委員会 緊急事態対策監)が撮影された約2千点の写真の中から、選りすぐった被災地の
         現状を紹介する約70点を展示
        料金:1階ロビーの企画展ご見学は無料。
            2階から4階の展示フロアのご見学には防災未来館の入館料(大人500円)が必要です。
            (兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードを提示すれば無料です。)
        問合せ:人と防災未来センターひと未来館企画運営部  078-262-5502
 4/21(木) 震災から10年「神戸復興のまちづくり検証クルージング」   15:00〜16:30   於:モザイクから垂水沖(海上周遊)
        市民470名を招待し、海上から復興した神戸の街並みを確かめ、これからの神戸の未来を検証。
         船内に震災当時と復興の写真を展示。
        申込期間:平成17年3/10(木)〜3/17(木)
        問合せ:神戸市小売市場連合会 078-681-0666
 4/21(木)
     〜8/31(水)
タイムズメリケン〜神戸からの発信館〜オープン     於:メリケンパーク・神戸海洋博物館    入場無料   詳細
        入口近くの壁面には、全国から募集している10歳の子どもたちの笑顔をプリントしたTシャツ約500枚を展示
         震災から10年間の映像や写真を展示するコーナーもあります
         地域で街づくりにかかわった人たちが語り部として、震災からの歩みを来場者に話す
        「スイーツ&カフェ」コーナー:神戸で評判の洋菓子店が5週間ずつ入れ替わり出店。133日間で20店舗の
                         オリジナルスウィーツが楽しめます。
        「若手クリエーター」コーナー:神戸で活躍する若手クリエーター約40人によるファッション、アクセサリー、
                          小物雑貨などのセレクトショップです
        「KOBEチャリティTシャツ」コーナー:日比野克彦氏が震災10年をテーマにデザインしたオリジナルTシャツを
                              はじめ有名人がデザインしたオリジナルTシャツを販売します。
                              収益金はスマトラ沖大地震などの被災地へのチャリティにします
        イベントステージ:「スタジオHATOBA」を設置し、有名ゲストによるトークなどを開催。
                   18:00〜20:00 「トワイライトコンサート」 神戸のアマチュアメンバーの演奏を実施
        営業時間:10:00〜20:00(一部〜18:00)   2階神戸グルメレストラン 11:00〜22:00
        問合せ:「震災10年 神戸からの発信」推進委員会事務局  078-322-6476  
 4/22(金) 市民公開国際シンポジウム「被災マンションの持続的再生に関する国際シンポジウム」   13:30〜16:30
        於:神戸国際大学ミカエルホール     参加無料
        ドイツ、韓国、台湾のマンション研究の第一人者を招き、被災マンションの復興から学んだ教訓などについて議論する
        パネル・ディスカッション:
          座長:小森星児氏(神戸山手大学・ひょうごボランタリープラザ)
          副座長:宇都宮忠氏(マンション管理センター)
          パネラー:ヴェルナール・メルレ氏 (ドイツ・ポツダム大学) ドイツにおけるマンション再生(通訳付)
                イム・ホジン氏(韓国・大林産業且幕ニ課長)  マンションの維持管理(通訳付)
                ショウ・ハイクン氏 (台湾・長榮大学)  1999年台湾集集地震のマンション復興
                
藤本佳子氏 (千里金蘭大学)    被災マンションの再生
          
まとめ・提言:丸山英気氏(日本マンション学会前会長・中央大学法科大学院)
          
閉会のことば:大西一嘉氏(神戸大学工学部)
        問合せ:日本マンション学会関西支部 075-211-4643
 4/29(金・祝) 「おじいちゃん」「おばあちゃん」への感謝のメッセージ     12:00〜    於:灘区民ホール   無料
       震災から10年の節目に、震災後一人で生活されているお年寄りに、震災の辛い思い出や日頃の寂しさを癒して
        いただけるステージイベントを開催。
       ステージは、和太鼓や民謡、ジャズ、子供による創作ダンスなど多彩なイベントで構成し、お年寄りの気持ちを
        なごませる心の歌や曲などを演奏する。   申込要
       問合せ:ユーカリボランティアの会  090-3896-4874
 4/30(土) 「KOBE キッズ・スポーツフェスティバル〜こどもたちの国際交流〜」国際こども運動会    11:00〜15:00
       於:神戸総合運動公園・グリーンアリーナ神戸     参加料無料     詳細
       神戸市内の外国人・日本人の子どもたちがスポーツを通して国際交流を深めるためのフェスティバルです
       実施内容:国際こども運動会(事前申込み要) 親子つなひき、チーム対抗リレー、玉入れトーナメントなど
                                   特別ゲスト・高橋尚子さん、なかやまきんに君
              関連イベント(自由参加) インターナショナルガレージセール、世界の食べ物ブース、
                              神戸カエルキャラバン2005かえっこバザール、英語で楽しもうリトル・ワールド
              花のフェスタこうべ2005   4/29(金・祝)・4/30(土)10:00〜16:00〈小雨決行〉
       「国際こども運動会」に出場する子どもたちを募集しています:
        募集対象:神戸市内在住・在学・在園で3月末現在、4〜8歳の子どもたち(1996年4月2日〜2001年4月1日生まれ)
        募集定員:約500名
        応募方法:電話による申込み 078-797-6361(申し込み専用)※受付時間 平日10:00〜17:00
               ハガキかFAXか Eメール で
                 「国際こども運動会出場希望」と、住所・氏名・性別・生年月日・電話番号・
                                                 (外国人の方は国名も)を記入し、
                 〒651-0076 神戸市中央区吾妻通4丁目1-6コミスタ神戸北館4階
                                        神戸アスリートタウンクラブ「キッズ」係
                 ・Eメール:kids@katc98.com    FAX 078-797-6361
       問合せ:「震災10年 神戸からの発信」推進委員会事務局  (078-322-6479
 5/12(木) 国際防災復興協力セミナー公開シンポジウム   よりよい復興への挑戦〜災害に強い社会に向けて〜   14:00〜17:00
        於:兵庫県公館 大会議室        参加費:無料       詳細
        本年 1月に開催された国連防災世界会議(兵庫会議)では、世界の減災を進めるため、大規模災害被災国の復興
         対策において、国際社会が連携して支援する体制を構築することが合意されました。
        本年 5/11(水)に、復興に関する国際支援の綜合的な窓口機能を有する「国際防災復興協力機構(IRP)」が
         人と防災未来センタ−内に設立されることとなりました。
        このIRPの設立を記念し、国際機関、大規模災害被災経験国、NGO等の関係者により、大規模災害からの復興対策の
        課題や国際的な復興協力活動のあり方など、IRPの事業展開を考えるシンポジウムを開催します
        問合せ:アジア防災センター「国際防災復興協力セミナー」係
               〒651-0073  神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2-5F  Fax:078-262-5546
 5/15(日) 震災の10年間を振り返って シンポジウム     9:45〜12:25    於:板宿小学校    無料・申込要
        全体会では「そのとき・いままで・そしてこれから」をテーマにした映像と後援会、分科会では大人の部で
         グループ討論「震災から10年、今何をすべきか」、子どもの部で語り部や絵本の読み聞かせによる記憶の継承など。
        8月に「つなごう いたやど・きずこう おじや」と題し、東小千谷小児童を招聘、板宿小児童との交流から震災の
         経験を交換し合う。
        シンポジウム参加申込フォームはこちら
        問合せ:つなごう!板宿  078-739-5963
 5/15(日) 「震災10年・大地の鼓動 ふるさとのにぎわい」     14:00〜/18:30〜    於:新神戸オリエンタル劇場
         みずみずしい生命力溢れる、魅力たっぷりの舞台。多くの人と夢を語り、学び、豊かで希望の持てる“ふるさと”を
          築く仕事。震災10年を祈念し、真の街と人間の復興を願い、たくさんの夢とともに大地の鼓動を舞台にのせて、
          みなさんのもとにお届けします。
        出演者:わらび座・歌舞劇団 田樂座・太鼓衆団 輪田鼓
        チケット料金:一般4,000円    中・高・大学生3,000円   小学生・障害者2,500円 ※当日各500円増
 5/21(土) スマトラ沖地震・津波被災地支援活動報告会     14:30〜16:30     於:神戸YMCA三宮会館    無料
        3/16〜3/26の日本各地のYMCAユースボランティアによる被災地支援ワークキャンプ、そして、4/6〜4/18の
         CODEスタッフによる現地視察と協議の模様をレポートし、中期〜長期の復興支援について展望します
        報告者:飯塚明子 さん(CODE海外災害援助市民センタースタッフ)
             遠藤 浩 さん(神戸YMCA国際・奉仕センター所長)
        参加者によるディスカッションも
        主催:神戸YMCA、CODE海外災害援助市民センター
        問合せ:神戸YMCA国際・奉仕センター 078-241-7201
 5/27(金) 「まちづくり」活性化セミナー〜震災復興次の10年のテーマ〜   13:00〜15:30    於:神戸メリケンパーク/神戸海洋博物館
       NPO法人まちづくりジャパン主催の第2回セミナー  詳細
       13:00〜13:10 挨拶 NPOまちづくりジャパン副理事長 山田 豊
     13:10〜13:40 特別講義「自治体におけるこれからのまちづくりに必要な観点
                          ―神戸の健康まちづくりを推進するために―」
            神戸大学教授・NPOまちづくりジャパン理事長 川端眞人
     13:40〜14:00 ソリューション事例の紹介「防災意識の向上と住民への伝達」
            (株)パスコ・NPOまちづくりジャパン副理事長 山田豊
     14:10〜14:30 ソリューション事例の紹介
            「神戸市における防災・ハザードマップの低コスト公開方法:www.ibrand.jp活用」
              RITS総合研究所GISセンター長 岩場貴司
     14:30〜15:00 特別講義「新宮町における住民アンケートからみた防災意識とGIS」
             兵庫県立大学助教授・NPOまちづくりジャパン理事 川向 肇
     15:00〜15:30:質疑応答
       問合せ:NPO法人まちづくりジャパン  078-583-6109
 6/10(金)〜12(日) 「有馬・神戸・明石 震災からの再生をめざして」連続シンポジウム 於:有馬小学校講堂、神戸国際会議場、明石市生涯学習センター
       震災10年を記念し、日本観光学会の全国大会を誘致するとともに、有馬・神戸・明石を中心とした震災からの
        地域の再生の道を探るシンポジウムを開催する。
       1日目はシンポジウム「癒しのまち有馬の再生」
       2日目は日本観光学会全国大会の公開シンポジウムとして「よみがえるまち神戸」
            6/11(土) 14:00〜17:00 於:神戸国際会議場メインホール   入場無料
             記念講演「ウェルカム・ツー・ジャパン」 堀貞一郎(東京ディズニーランドの元総合プロヂューサー)
             パネルディスカッション;4人の論客が国際観光都市神戸の再生を徹底討論
                     パネラー:田中まこ(神戸フィルムオフィス代表)、金井啓修(有馬温泉陶泉御所坊主人)、
                           中尾清(大阪明浄大学教授)、吉川悟(明石・時のウィーク実行委員長)
                        司会:田辺眞人(園田学園女子大学教授)
       3日目はシンポジウム「時と食のまち明石の再生」を開催。合わせて明石の大時計思い出募集事業も開催。
       問合せ:「有馬・神戸・明石 震災からの再生をめざして」連続シンポジウム実行委員会  079-911-8118
 6/26(日) 第7回 フェスタ ジュニナ ブラジルのお祭り    10001600    於:旧神戸移住センター
        阪神淡路大震災では在住外国人がうまく行政支援を受けられないなど問題があった一方で、日本人にとって
         在住外国人と接点をもつ機会ともなった。在住ブラジル人の震災経験トーク、日常生活や・コミュニティ活動の紹介、
         ブラジル音楽やダンスなどを通じ、復興過程において、多くの日本人が在住外国人の文化を理解し、互いが
         尊重しあえる多文化共生社会を目指す。
        ブラジル風焼肉シュラスコ、パステウ、グァラナなど、おいしいブラジル家庭料理の販売、ビンゴゲームなど
            フェスタ ジュニナ:「6月祭」という意味で、クラドゥリーリャダンスを踊ったり、ゲームを楽しみながら
                       収穫を祝うお祭り
        問合せ:関西ブラジル人コミュニティ 078-251-2522
 7/3(日) 鎮魂と新生のために〜神戸土曜会合唱団震災10年特別演奏会〜    14:00〜16:00    於:神戸文化ホール大ホール
       演奏曲目:モーツァルトの「レクイエム」と高野喜久雄作詞、高田三郎作曲の混声合唱組曲「水のいのち」
       指揮:北村信雄、松原嘉雄
       入場料: 2000円
       主催:「神戸土曜会合唱団」と「鎮魂と新生のための特別合唱団」 078-841-8855
 7/9(土) シンポジウム「‐震災から10年を超えて‐神戸港復活の鍵とは」   14:00〜   於:神戸ポートピアホテル  無料   詳細
       我が国経済の再生と国際物流の効率化等をテーマとして、スーパー中枢港湾阪神港の一翼を担う神戸港の
        地元神戸市でシンポジウムを開催します。
       基調講演:「関西を元気にするには」  竹村健一氏
       パネルディスカッション:「神戸港復活の鍵とは」 パネリスト;矢田立郎氏(神戸市長)、鬼頭平三氏(国交省港湾局長)、
                                           上村多恵子氏(関西同友会)、吉田英二氏(ニチイ学館)
                                    コーディネーター;黒田勝彦氏(神戸大学)
       問合せ:神戸新聞広告局 078-362-7077
 7/12 (火) 神戸フロイデ合唱団 2005 サマーコンサート・モーツアルト「レクイエム」  19:00〜21:00   於:神戸文化ホール大ホール  詳細
       神戸フロイデ合唱団は、”私達は1・17を忘れない”を合言葉に「レクイエム」、「ミサ曲」を歌い続けてきた。
        今年は大震災後10年目、亡くなられた方々への鎮魂の曲、モーツアルト「レクイエム」を演奏します。
       指揮:亀井正比古
       料金:A席 4900円・B席 4500円・C席 4000円
       問合せ:神戸フロイデ合唱団  078-382-2613
 7/16(土)
    〜18(月・祝)
キャナルレガッタ神戸 '05     於:兵庫区・兵庫運河 浜山レガッタコース
       神戸及び近隣地域から震災の年に生まれた子ども達がチームを組んだレースを行い、神戸の元気を全国にアピール。
        また全国からも同学年のチームを迎え、小学校対抗レースや、震災風化防止課外授業などを行う。
       7/16(土) 第1回スペシャルローイング
       7/17(日) 第43回神戸市民レガッタ
       7/18(月・祝) 第1回神戸キャナルレガッタ
       競技:コース250m
            種目:ナックルクロドルプル(スカルオール 4人漕ぎ)
                ナックルフォア(スカルオール 4人漕ぎ)
            対象者:小学4年生以上
      問合せ:キャナルレガッタ神戸'05実行委員会 078-671-9050
 7/17(日) 灘・夢ナリエ〜あかりで発信する10年-あかりの盆〜    16:00〜     於:都賀川公園及び河川敷一帯   無料
       震災により灘区で亡くなられた933名を悼み、都賀川で手作りのオブジェや灯篭による「心のあかり」を設置して鎮魂します。
       太鼓演奏やよさこいなど、交流ふれあい舞台で復興したまちの感謝と元気を発信。
       炊き出しによる震災の経験の発信や灘百選イメージソング「みんな大好き灘のまち」を踊りや演奏でアピールします。
       「あかりのオブジェ」募集:当日、都賀川に並べる行灯やオブジェ(大きさ 2m程度)を製作する団体を募集しています。
                       製作費用(材料費程度)は灘・夢ナリエ実行委員会が負担
       申込:灘・夢ナリエ実行委員会 あかり部会(六甲道婦人コーナー)  078-841-1796(木曜日は除く)
            5/15(日)締切
 8/6(土) 鎮魂と感謝のコンサート「神戸から世界にありがとう」       於:ピフレホール    無料
       震災直後の 3月に被災した子供たちは以前から交流のあったドイツのヒルデン市に招かれました。
       今回はドイツの子供たちを神戸に招き、元気になった神戸の町をみてもらうとともに、ドイツの子供たちと神戸の
        子供たちが一緒に演奏するコンサートを開催します。
       曲は、鎮魂と復興の思いをこめたバッハのアリオーソ、独日合同による幸せ運べるようになど。
       問合せ:アンサンブル プティ・タ・プティKobe  078-795-0345 
 8/17(水)〜18(木) 第3回ユニバーサルデザイン全国大会       於:神戸国際展示場
        神戸市では、震災10年の平成17年、復興に向かう兵庫、神戸がめざす新しい都市像のひとつとして、
         県民、市民一人ひとりが主体となった「ユニバーサルなまちづくり」の取り組みなどを全国に発信しています。
        その取り組みのひとつとして「第3回ユニバーサルデザイン全国大会」を開催し、より一層のユニバーサルデザインの
         普及・啓発を図ります。
        テーマ:「神戸夢発進・やさしさのカタチみんなで」
        プログラム;
         8/17(水) 12:30〜13:00 開会式
               13:00〜14:15 基調報告 & こうべ宣言
                            テーマ:「震災復興から芽生えたユニバーサル社会へのまちづくり戦略」
                            講師:田中 直人氏(こうべUD広場座長/摂南大学工学部教授)
                           こうべUD広場のこうべ宣言
               14:15〜15:35 シンポジウム(分科会)
                            セッション1:テーマ「市民社会の参加と協働の意識と情報(住民活動を中心として)」
                            セッション2:テーマ「ものとサービスのUDの可能性(事業者・企業活動を中心として)」
                            セッション3:テーマ「地域の魅力づくり・活性化としてのUDまちづくり(行政・まちづくり
                                         活動を中心として)」
               15:50〜17:10 総合シンポジウム:テーマ「ユニバーサル社会への展望と課題」
               17:30〜19:30 発表・交流会:ユニバーサルデザインダンスとファッションショー&交流会
         8/18(木) 9:15〜9:55 リレートーク:神戸の在留外国人による「ユニバーサルなまち神戸」や「ユニバーサル
                                デザイン」について思いを語る。
               10:00〜11:20 記念講演等:テーマ「デンマークのユニバーサル社会とデザイン」
                                 講師 ポール・ウスターゴード氏(デンマーク建築家・インダストリアルデザイナー)
                                     片岡豊氏(デンマーク 学校法人エグモント・ホイスコーレン教諭)
               11:30〜12:00 兵庫・神戸からの事例発表:神戸しあわせの村 UDサイン、三宮地区のサインの取り組み、
                                           六甲道のまちづくり、長田のまちづくり 
               13:00〜16:00 UDの体験・見学会:
                            神戸しあわせの村UDサイン(神戸市北区)
                                ノーマラーゼーションのモデルとして平成元年開村。
                                UDサインなど、新たな取り組みを体験、見学します。
                            長田に来ればUDがわかる〜限定50人〜(神戸市立池田小学校、長田区内)
                                「長田区ユニバーサルデザイン研究会」の、学校と連携し子どものUDアイデアを
                                取り入れた「小学校UD化プロジェクト」を体験。地元商店街発の「UD弁当」付き。
                              また、復興したまちの、長田UDサロンを中心に、10年間の歩みを体験。
        参加申込のページはこちらです。
        問合せ:第3回ユニバーサルデザイン全国大会事務局  078-322-6538
 8/19(金) 建築・まちづくりユニバーサルデザインシンポジウム    13:30〜16:00     於:神戸国際展示場 1号館 2階会場
        テーマ:「みんながまちへ出る」
              “まちへ出る”ことに対して様々な立場の方が語った「100人の本音メッセージ」と障害のある方々の
              「街歩き体験」の『映像』を交え、“ユニバーサルデザインの観点から建築・まちづくりに期待すること”について、
              《建築・教育・スポーツ・デザイン・医療福祉・交通》の各分野でご活躍のパネリストと共に考えます。
        パネルディスカッション(手話通訳、要約筆記あり):
            テーマ:「ユニバーサルデザインの観点から建築・まちづくりに期待すること」
            コーディネーター:田中直人氏(摂南大学工学部 教授)
            パネリスト(五十音順):落合俊郎氏(広島大学大学院教育学研究科 教授)
                          加藤作子氏(全国脊髄損傷者連合会 兵庫県支部女性部長・パラリンピック水泳金メダリスト)
                          相良二朗氏(神戸芸術工科大学デザイン学部 教授)
                          備酒伸彦氏(神戸学院大学総合リハビリテーション学部 助教授)
                          三星昭宏氏(近畿大学理工学部 教授)
        事例見学会:神戸市灘区六甲道駅周辺 平成17年8月19日(金) 9:00〜12:00 【定員50名 要予約】
              震災復興のまちづくりにおいて、ユニバーサルデザインの視点で取り組まれた「10年間の歩み」を現地で報告
        参加申込など:詳細
        問合せ:神戸市都市計画総局技術管理課   078-322-5629
 8/20(土) 被災地の集い     11:00〜18:00      於:市役所 1〜2号館前一帯(中央区加納町 6丁目)
        太鼓や歌、被災者・支援者の発言などのステージ パフォーマンス。
        震災当時の写真と、被災者の現状・調査結果などのパネル展示、屋台コーナーなど
        問合せ:被災地の集い実行委員会  078-651-0259
 8/21(日) GOING KOBE 2005      12:00〜21:00     於:中央区・東遊園地     無料(チャリティーなので募金のみ)   詳細
        神戸出身のアーティストが出演し、音楽、震災・復興、神戸への思いを語ります。チャリティーフリーコンサートです。
        出演バンド:メインステージ(神戸にゆかりのあるメジャーアーティスト7組)
                    ガガガSPNatural Punch DrunkerSOUL PLOWER MONONOKE SUMMITNICOTINE
                    メレンゲLOST IN TIME倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス
                    メインステージOA:ユウテラス
               サブステージ(インディーズ中心のネクストブレイク候補・神戸在住バンド7組)
                    ワタナベフラワーエモプラスFumasGORILLA AT TACKTHE WORLD AT WORST
                    THE WORLD AT WORSTKARMA9
               ストリートブース(神戸在住のインディーズバンド15組) 
                    umder50dog on the bootsSUZANセンチライン、レトロ本舗、WATER、
                    SWEEPXASTELLOY(ハステロイ)、サンダーパーム、家出少年
                    サクラメリーメン、NUMBER-1、ゴールデンローファーズ、SWALLOW、Whothese
        問合せ:GOING KOBE震災復興恩返し実行委員会 078-221-6328
 8/27(土)〜28(日) KOBEボランティア交流祭      於:神戸ハーバーランド    無料      詳細
        震災後大きな力を発揮したボランティアグループやNPOなどが一同に集まり、震災の経験や教訓を踏まえ、
           ボランティア同士の連携や交流を図るため、ボランティア交流祭などを開催します。
        ボランティアシンポジウム  8/27(土) 13:30〜16:00   於:こべっこランド7F こべっこホール
            パネラー:田辺 眞人さん(園田学園女子大学教授)、田中 まこさん(神戸フィルムオフィス代表)、
                  鳥田 俊子さん(NPO法人神戸観光ガイドボランティア理事長)、
                  横山 忠明さん(NPO法人社会還元センターグループ わ・有馬観光ガイドボランティア代表)
            定員: 150名(先着順)
            申込: ハガキ・FAXまたは電話で申込み(氏名・年齢・住所・電話番号記入の上)
                   折り返し、入場整理券をお送りいたします。
            申込・問合せ:KOBEボランティア交流祭ホームページ
        問合せ:KOBEボランティア交流祭実行委員会  078-271-5306
 8/28(日) 震災10周年メモリアル Phoenix Jazz Festival    16:30〜    於:神戸文化ホール・大ホール   詳細
        震災で荒廃した神戸に、再びジャズを中心とした音楽文化を!という趣旨で10年前にチャリティーコンサートとして
          スタートした「フェニックス・ジャズ・フェスティバル」
        今回は震災から10周年という事もあり、メモリアルソングの演奏や、10年間にわたり被災地の復興に至る様子を
          撮り続けている山下義和氏の作品の映写とロビー展示を行います。
        出演:甲南中高ビッグバンド、高砂高校ビッグバンド、The Global Jazz Orchestra featuring Sakiko Masuda(Comp,Pf)、
            なにわブラックペッパーズ(ゴスペル)、バークリー音楽大学学生選抜グループ、
            バークリー音楽大学教授陣グループ、ゲイリー・バートン ジェネレーションズ
        料金:前売4,000  当日4,500
        問合せ:ジャズフェスティバル実行委員会 078-882-1574
 8/28(日)〜29(月) 被災を通じて、新潟・東小千谷小学校と夏の交流       於:板宿小学校 ほか
        新潟県小千谷市から東小千谷小学校の児童が板宿小学校にやってきます。両校の児童がお互いの震災体験を
          交換し、継承します。また、板宿が体験した復興への道のりを伝え、エールを送るとともに、今後、継続的な 
          地域交流を進めていきます。
            参加者:板宿小学校生徒約 450人、東小地谷小学校の 5〜6年生と教職員計約 40人
        8/27(土) 8:30〜  於:板宿小学校
                子供たちの手づくりによるまち自慢。両校校歌斉唱・交歓会、震災を通じて感じたこと 発表と表彰、
                 姉妹まち宣言など
                「姉妹まち憲章」:「自然を愛し、生命を尊び、わがふる里を誇りに、夢を描いて今日を生きていこう」など
        8/28(日) 16:00〜  板宿盆踊り大会  於:板宿小学校校庭    詳細
                子供工作、紙芝居、ジャグリング、のじぎく太鼓、お楽しみ抽選会、小千谷物産展など
        8/29(月) 9:00〜 お別れ会   於:板宿小学校
                記念植樹、記念品贈呈など
              10:30〜 タイムズメリケン観光
        主催:つなごう! 板宿実行委員会   TEL 078-739-5966  FAX078-739-5964
        問合せ:須磨区まちづくり推進課  TEL 078-731-4341(内線213) FAX 078-732-0728
 9/4(日) がんばろう神戸 鹿児島フェスタ     10:00〜16:00      於:ワールド記念ホール    詳細 
         震災で犠牲となった鹿児島県出身者 206名を追悼するために設立された鹿児島県民の森内の慰霊碑前で、
          新たに建立するプレート碑の序幕を行います。
          引き続きホールで多数の参加者を募って追悼式典、ステージショー、参加者全員による合唱なども
         入場料:当日3,000円(前売2,500円) ※小学生以下無料
         問合せ:神戸鹿児島県人会連合会    078-801-8951
 9/7(水) シンポジウム 協働のまちづくり これからのかたちとは   15:00〜17:00       於:SITO KOBE(長田区久保町61
        神戸では震災から10年という節目を迎え、市街地整備などハード面の事業を進めるだけでなく、生活課題など
         ソフト面にも取り組むことが非常に重要になっており、新たに広がりつつある市民活動との協働のあり方も、
         これまでとは変わってくると思われます。こういった状況を踏まえ、新たな市民活動の事例を紹介するとともに、
         これからの「協働のまちづくり」とはいかにあるべきかを考えるシンポジウムを開催します。
        コーディネーター:小浦久子(大阪大学大学院工学研究科助教授)
       パネラー:東 朋治(叶_戸ながたTMO)、岩崎俊延(泣vランまちさと)、慈 憲一(六甲技研代表、”naddist”発行)、
             垂水英司(兵庫県建築士会会長、元神戸市住宅局長)、蓑原 敬(都市プランナー)
       定員: 200人(応募多数の場合、抽選します。)
       申込:氏名(ふりがな)、連絡先(郵便番号、住所、電話番号、FAX、メールアドレスなど)、職業(所属)を記入の上、
             こうべまちづくりセンター  FAX 078-361-4546  Eメール mati2@kobe-toshi-seibi.or.jpまで
        問合せ:こうべまちづくりセンター 078-361-4523   
 9/17(土)〜18(日) 神戸カエルキャラバン2005 いざ!カエルキャンプ!     於:六甲道南公園(JR六甲道駅南徒歩4分)   詳細
         震災時に役立つテントづくりの体験  9/17(土) 12:30〜16:00 
           参加資格:神戸市内在住の小学校1年生〜中学3年生と保護者 30組
           申込:電話・FAX・ハガキ・Eメールで   9月5日(月)必着
                住所・参加者全員の氏名・年齢(学年)・電話番号を書いて
               〒650-0021 神戸市中央区三宮町1丁目9-1-1304「震災10年 神戸からの発信」推進委員会事務局
                          TEL:(078)322-6479 FAX:(078)322-6051  e-mail:shocho@kobe10th-year.jp
         かえっこバザールや水消火器を使った的当てゲーム 9/18(日) 9:00〜11:30 (事前申込み不要・自由参加)
 9/25(日) てんけんフェア2005〜震災から 10年〜    10:00〜16:00     於:しあわせの村シルバーカレッジ
        これまで16回催してきた自動車点検フェアを震災10年を機に拡充して開催。
        多大な被害を受けた工場がたくましく立ち直った姿や震災時の状況の写真をパネル展示するほか、
          市民救命士講習や点検整備クイズ、災害関係保険の周知など。
        ウルトラマンショーも開催。ウルトラマンと記念撮影もできます!入場車の無料点検と助言もあります。
        入場料: 無料(しあわせの村駐車場代別途 駐車券プレゼントあり・要問合せ)
                                     電話予約 078-981-5594 8月25日から
        問合せ: 社団法人兵庫県自動車整備振興会兵庫支部  078-981-5594
 9/28(水)〜29(木) 阪神・淡路大震災 社会福祉復興記念フォーラム      於:神戸国際会議場    無料
        阪神・淡路大震災の救援期および復興期において、福祉関係者、当事者たちが「その時、どう動き、どう危機を
          乗り切ったか」、また「何ができて、何ができなかったか」といった視点から、阪神・淡路大震災後の10年間の
          取り組みを総括します。
        さらに、災害時における連携・協働の必要性を再認識し、新たなネットワークの可能性を探るとともに、これからの
          大規模災害に備えて、「災害にも強いコミュニティづくりをどのようにすすめるのか」、「福祉現場はどう対応すべきか」
          について多角的な視点からの論議を深め、これからの福祉救援・復興支援活動についての提言を被災地から全国に
          向けて発信します。
        スケジュール;
         9/28(水) 12:30〜13:00 開会
               13:00〜14:30 基調講演「大規模災害への備え」
               14:45〜17:00 パネルディスカッション
                          「阪神・淡路大震災を通じて学んだこと」〜誰もが安心・安全に暮らしつづけるために〜
         9/29(木) 9:00〜12:00 分科会「これからの大規模災害に備えて」 
                         (1) 地域安心拠点としての福祉施設のあり方とは
                         (2) 要援護者の救援活動のコーディネート 〜災害時に活きるネットワークとは〜 
                         (3) 要援護者の救援情報 〜地域福祉情報とネットワークを考える〜
                         (4) 暮らしの復旧に必要なモノ・カネを効果的に活用するために
                         (5) 地域を支える力をつなぐ 〜くらしの場での地域住民・多様な団体の協働〜
               13:00〜15:00 シンポジウム「大規模災害発生時の教訓を未来につなぐ」
                             〜安心・安全なコミュニティづくりに向けた知恵の共有〜
               15:10  閉会
         参加定員:約 700名     参加申込:詳細
         問合せ:阪神・淡路大震災社会福祉復興記念事業実行委員会事務局 TEL:078-242-4633   FAX:078-242-4153
 10/7(金) ノーマリゼーションセミナー     16:30〜18:30     於:神戸親和女子大学( 4号館 2階 421号教室)   無料
        講演:「震災後の『障害児のくらし』から得た教訓とこれからの社会福祉」
             講師:千葉 忠夫氏(日欧文化交流学院長)
             シンポジスト:大久保 敏則氏(ほくしん障害者地域生活支援センター所長)
                      大西 一弘氏(神戸市立おもいけ園職員)
                      石倉 泰三氏(共同作業所くららべーかりー代表)
                      天野 加奈子氏(神戸親和女子大学福祉臨床学科2年次生)
        申込:FAXで申し込む   締切 10/4(火)
        問合せ:神戸親和女子大学・福祉臨床学科合同研究室   TEL:078-591-1694   FAX:078-591-1698
 10/8(土) アニメーションフェスティバル・「地球が動いた日」上映会       於:ジーベックホール       詳細
         阪神・淡路大震災をテーマにしたアニメーション映画「地球が動いた日」(第2回アニメーション神戸・神戸市民
           特別賞受賞作品)の上映会を、さまざまなイベントとあわせて開催。
         公募作品やアニメーション神戸賞授賞者などからのビデオメッセージ上映、イラスト・サインなどの展示も
          第1部  12:30〜
             神戸市出身の声優・前田愛のトークショー、声優・野中藍とゲスト・神田朱未のトークとライブも開催。
              司会は岩崎和夫。
              事前申込(9/22締切・抽選)による当選者と、当日先着50人の方が入場できます。
                                        当日は11:30から、先着50人に入場整理券を配布します。
          第2部  18:00〜
             特捜戦隊デカレンジャーのオープニングテーマなどを歌う「サイキックラバー」と、
              人気女性ユニット「クローバー」のライブも開催
              事前申込(9/22締切・抽選)による当選者と、当日先着50人の方が入場できます。
                                          当日は17:00から、先着50人に入場整理券を配布します。
         2005年11月23日(祝)13:00〜も開催予定   於:兵庫県民会館けんみんホール
             [原則事前申込制・11/7締切・抽選]
             併せて開催するイベント、お申し込み方法については、「広報こうべ11月1日号」で
         問合せ:神戸市情報化推進課  078-322-5042
 10/8(土)〜9(日) 三宮アートモールフェスタ     12:00〜18:00     於:三宮センター街東通商店街
        神戸の中心地にある商店街を「震災10年・神戸」の発信拠点に位置づけ、学生たちによる防災活動やボランティア活動
          の紹介、アートパフォーマンス、小学生児童による絵画展、犠牲者への鎮魂を歌うゴスペルや明日への賛歌でつづる
          ステージライブなどを開催。
        問合せ:三宮アートモールフェスタ実行委員会  078-331-2712
 10/8(土)
  〜10/10(月・祝)
神戸旧居留地フリーウォーク〜旧居留地から震災を伝える〜  13:00〜17:00   於: 旧居留地 明石筋、仲町通の一部
        旧居留地のフリーウォークを通じて、周辺地区の震災時の状況、復興の道のり、神戸の力強さや安全で安心な
          魅力あふれる街を広く発信する。
        「街角震災パネル写真展」「震災当時の状況を伝える語り」「被災者を追悼する鎮魂の歌や音楽」のほか、
          ストリートパフォーマンスショー、ストリートライブショーなど。
        問合せ:旧居留地連絡協議会  078-392-1256
   旧居留地震災メモ:阪神・淡路大震災の発生時、旧居留地内にあった 106棟のビルは大小さまざまな被害を受け、
                  うち22棟は解体を余儀なくされるほどの甚大な被害を被りました。この中には、国の重要文化財の
                  15番館をはじめ、数々の近代洋風建築物も含まれていた。
               震災以後、旧居留地では積極的な復興に取り組み、「旧居留地/復興計画」や「神戸旧居留地/
                  都心づくりガイドライン」等、街並みの再建におけるさまざまな約束を取り交わし、震災後の
                  旧居留地の街並み形成に意欲的に取り組んできた。
 10/15(土) ニューオーリンズ支援イベント 「チャリティJAZZ ライブ」     開場12:30 開演13:30     於:神戸国際会館こくさいホール
        超大型ハリケーン「カトリーナ」によって甚大な被害を受けたニューオーリンズ市への支援活動の一環として、
           チャリティJAZZライブを実施
        出演者:鍋島直昶カルテット、ザ・ビッグ・ディッパーズ・ディキシーランド・ジャズ・バンド、安藤義則トリオ、
              小曽根実クインテット&古谷充、甲南高校ブラス・アンサンブル、グローバル・ジャズ・オーケストラ
        無料(チャリティ募金 1000円要)
        問合せ:神戸市生活文化観光局 生活文化部 文化交流課  078-322-6495(内線3986)
 10/21(金) ひょうごグリーンネットワーク 震災10年のつどい      12:50〜14:40    於:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
       活動報告:「ひょうごグリーンネットワークの10年」
       基調講演:「緑の防波堤」 河田惠昭氏(人と防災未来センター長)
       対談:安藤忠雄氏(阪神・淡路震災復興支援10年委員会実行委員長)
           河田惠昭氏(人と防災未来センター長)
       定員: 150名     
       申込:住所・氏名・電話番号・ファックス番号を明記    9/30(金) 必着
            〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通 1-5-2 人と防災未来センター「ひと未来館」6F
                     阪神・淡路震災復興支援10年委員会事務局
              TEL 078-262-5596    FAX 078-262-5594      10nen@21human.jp
 10/26(水) ファイア・アドベンチャー(小学生総合防災体験学習)    9:30〜    於:王子公園サブグラウンド 
        震災の教訓を未来へ伝え続けるため、震災を知らない子供たち(灘区内12小学校の 4年生全員を対象)に、
         地域住民・学校関係者・防災関係者が協働して、防災学習、震災学習、体験学習を実施します。
        問合せ: ファイア・アドベンチャー実行委員会  078-882-0119
 11/5(土)〜6(日) 阪神・淡路大震災 10周年 HAT神戸フェスティバル   11:00〜17:00     於:HAT神戸内のなぎさ公園及び臨港道路周辺
       ひとと防災未来センター:オープニングセレモニー    開始宣言など
                    ふれあい広場   中心街区協議会会員団体等によるパネル展示、ビデオ放映など
                                  パフォーマンスショー

       臨港道路:パレ-ド   11/5(土)のみ実施
               吹奏楽団、各種ダンスチーム、民族音楽・芸能、子供御輿、よさこい踊り、神戸市消防音楽隊など
       なぎさ公園(マリンステージ国際交流ステージ  吹奏楽団、伝統芸能・民俗芸能、ダンスチーム、よさこい踊りなど
                             ゲスト:チキンガーリックステーキ、小林建樹など
       なぎさ公園芝生広場等):シティーパフォーマンス
                           日赤兵庫県支部による「応急仮設診療所ユニットの展示」「献血キャンペーン」
                           屋台・フリーマーケット
       JICA兵庫:国際協力フェスティバル   JICA兵庫主催によるイベント    
       県立美術館:県立美術館主催によるイベント
       癒しの広場:シーサイド広場イベント
               ※HATなぎさの湯によるイベント    
ふるまい もちつき&バラエティーショー 

       灘区公団住宅前広場:まちかど広場   地元住民参加によるカラオケ大会
                                 ストリートミュージシャン等による小ライブ、パフォーマンス
       その他:スタンプラリー(HAT神戸全域)など 
       問合せ:HAT神戸中心街区協議会事務局(兵庫県県土整備部まちづくり局景観形成室内) 078-362-4363
 11/13(日) 食のサミット    11:30〜     於:神戸ハーバーランド スペースシアター(ビーズキス地下1階)    入場料無料
       少数者の視点や多様な文化を活かしたコミュニティビジネス「世界の料理と震災語り部の出前」を展開するための
          基盤づくりとそのPRイベントとして”食”のサミットを開催。
       20カ国の屋台の試食会と民族音楽、被災外国人による震災から 10年の気づきのトークなど
       料金:試食券 前売:1,000円 当日1,200円(チケット1枚で10種類の料理を選んで試食できます)
       問合せ: 多言語センターFACIL(ファシル)  078-736-3040
 11/25(金) 神戸学院大学「防災シンポジウム」    13:00〜16:10    於:神戸ポートアイランド・神戸国際会議場      詳細
        記念講演  13:00〜14:00
                テーマ:「不安との共生」時代を生きる  元毎日新聞記者のジャーナリスト嶌(しま)信彦さん
        シンポジウム:「わたしたちにできること」
           パネリスト:神戸出身のシンガー・ソングライター平松愛理さん、宝塚市出身で阪神タイガースの今岡誠選手、
                  京都大防災研究所の矢守克也助教授(防災社会学)、同大の山中康裕名誉教授(臨床心理学)
           コーディネーター:神戸学院大学人文学部の住友則彦教授
        定員:350名    参加料:無料
        申込:官製往復ハガキ・往信裏面に、郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入。
                        ・返信表面に、申込者の郵便番号、住所、氏名を記入。
                        ・返信裏面は、空白のまま。
                        ・1枚につき、1名様のみのお申し込みになります。

        申込・問合せ:〒651-2180(住所不要) 神戸学院大学 防災シンポジウム係 
                   TEL :078-974-1551(代表) 受付時間:平日(月曜〜金曜)9:00〜17:00
 11/26(土)
  〜11/27(日)
「多文化な市民メディア」交流のつどい〜多様なマイノリティによる表現活動の10年〜      詳細
        FMわぃわぃ開局10周年記念企画
         第一部 11/26(土) 10:30〜17:00(定員80名) 於:神戸大学COE神戸フィールドオフィス(アスタくにづか4番館3F)
                 基調報告「多文化・多言語コミュニティ放送局FMわぃわぃの10年と未来」 10:30〜12:00
                 ドイツ、韓国、日本の市民メディアシンポジウム「市民放送と多文化共生」 13:30〜17:00
                    問題提起:岩崎 信彦(神戸大学文化学研究科教授)
                    パネリスト:ユルゲン・リンケ(ドイツ・オープン・チャンネル協議会議長)
                           朴 在榮(韓国放送公社KBS「開かれたチャンネル」プロデューサー)
                           日比野 純一(FMわぃわぃ代表)
                    進行:松浦さと子(龍谷大学経済学部助教授)
                交流会 17:30〜21:00(定員100名)
                 参加費:第一部 無料〔交流会 3,500円 (学生 2,500円)〕
         第二部 11/27(日) 10:00〜16:00(定員200名)  於:SITE KOBE( アスタくにづか4番館4F)
                 マイノリティが発信するメディア オンステージ 10:10〜13:00
                   (1)京都三条ラジオカフェ 10:10-10:40   福井 文雄(京都三条ラジオカフェ代表)
                   (2)OurPlanet-TV 10:40-11:10   白石 草(OurPlanet-TV共同代表)
                   (3)FMピパウシ 11:20-11:50   萱野 志朗(FMピパウシ 編成局長)
                   (4)反差別国際運動(IMADR) 11:50-12:10  藤岡美恵子(IMADRグァテマラプロジェクト・コーディネータ)
                      (5)Re:C 12:10-12:30
                      (6)FMわぃわぃ 12:30-13:00
                 パネルディスカッション「マイノリティの発信と市民メディア」 14:00〜15:50
                     パネリスト:萱野志朗(FMピパウシ 編成局長)、朴 明子(FMわぃわぃ パーソナリティ)
                            橋爪明日香(OurPlanet-TV)、宗田勝也(京都三条ラジオカフェ「難民ナウ!」制作担当)
                     進行:青池 憲司(ドキュメンタリー映画監督)
                 参加費:第二部 1,000円                  
         第三部 11/27(日) 17:00〜19:30(定員200名)
                  オルタナティブミュージックの宴 
                     出演:MCナム、朴 元、OKI、趙 博
                  参加費:第三部 2,000円 
        問合せ:ツール・ド・コミュニケーション   〒653-0041 神戸市長田区久保町6-1-1-201アスタくにづか4番館
                      E-Mail tdc@tcc117.org  電話 078-739-5650  FAX 078-739-5655 月-土10時-18時
 12/3(土) 「震災10年 神戸からの発信」フィナーレ〜ありがとう ! そして明日からも〜   14:00〜     於:神戸ウイングスタジアム
       復興支援に感謝し、官民一体となって神戸の文化や活力をアピールする「震災10年 神戸からの発信」事業の
         最終イベント。
       ゼネラルアドバイザー:歌手のばんばひろふみさん
       出演者:歌手の堀内孝雄さん、松浦亜弥さん、平松愛理さん、杉田二郎さん、大江千里さんや、
               真野響子さん、ジャズ奏者の小曽根実さんらが登場しトークや歌を披露する。
            復興の願いを込めて「しあわせ運べるように」の全員合唱なども
       会場には被災者 5000人を公募で無料招待するほか、1万席を有料(1000円)で販売。
       問合せ:「震災10年 神戸からの発信」推進委員会事務局  電話 078-322-6478
 12/9(金)〜22(木) 第11回 神戸ルミナリエ       ルミナリエ公式サイト                                     ruminarie
        開催期間は12/9(金)〜12/22(木)。安全を配慮し混雑が予想されるクリスマスイブとクリスマスを外した日程となりました。
        また、月曜日〜木曜日の消灯時間を 30分早めて 21:30に変更されます。
        開催時間:月〜木曜日 18:00頃〜21:30 
               金曜日 18:00頃〜22:00
               土曜日 17:30頃〜22:30
               日曜日 17:30頃〜22:00
               12/22(木) 18:00頃〜22:00(最終日)
        今年の作品テーマ:「光の第2章」
                     阪神大震災という闇と闘ってきた 10年を経て、神戸の光は夢と希望の象徴となった。
                     人々を優しく包み込むその輝きは、第2章の始まりを告げる。
        今年のルミナリエ;
             「フロントーネ」:イタリア語で玄関装飾の意。高さ21m、幅22mの巨大な門。
                       今回のコンセプトは「輝きの門」。訪れた人はここから「夢の旅」に出発する。
             光の回廊「ガレリア」:約270mの通りに、計21基が並ぶ。「地平線への眺望」をイメージして作られた。
             「スパッリエーラ」:東遊園地に設置。太陽の劇場をイメージして作られた周囲140mの光の殿堂。
                        中央部に光のドーム「カッサ・アルモニカ」がある。
             会場1ブロックごとに、バロック時代の宗教曲などをモチーフにしたオリジナル音楽が流される。
                          作曲:上田益(すすむ)さん
        ルミナリエの制作スタッフ:アートディレクターのバレリオ・フェスティさんらイタリア人20名と、日本人10名が設置。
                        作品プロデューサー:今岡寛和さん
        関連イベント;
             ハートフルデー 12/7(水) 18:30〜  於:東遊園地
                       神戸ルミナリエの開催に先立ち、障害のある人にゆっくり鑑賞してもらうためのイベント。
                       全長140m、最高部 14mの劇場型に配置された電飾「スパッリエーラ」などが、
                        18:30から1時間点灯されます。    事前申込不要   一般参加者の来場は不可
             神戸ルミナリエ・イベントステージ  12/9(金)〜12/11(日)、12/16(金)〜12/18(日) 19:00〜
                       於:東遊園地南側噴水広場・特設ステージ
                       市民団体やアマチュアグループ約40団体が出演する市民ステージ
                          音楽やダンスなどのパフォーマンスを披露します
                       (市民ステージ参加者及び市民ボランティアを募集:詳細  締切 11/15(火)
             KOBEイルミネーションバスの運行  12/9(金)〜12/22(木) 17:00〜   
                       神戸市交通局が、約1万個の発光ダイオード(LED)で飾ったイルミネーションバス1台を運行。
                        市内の高齢者福祉施設や、児童福祉施設、身体障害者福祉施設などを巡回します。
                        問合せ:神戸市交通局 078-322-5994
         ルミナリエ順路と交通規制:詳細
         臨時観光案内所・迷子センター   於:東遊園地
                        募金グッズ、公式グッズ、記念宝くじ、JR三ノ宮駅の臨時切符なども販売。
                        ドリンクコーナーあり
         募金グッズ:12月から、ピンバッジ、キーホルダー、ボールペンなどを販売(各500円)
                 過去10年の歴代のガレリアを収めた「写真付き切手シート」 3000円
                 今年のルミナリエの電飾がデザインされた「ブックマーク(しおり)3枚セット」 3000円も販売
                 オンラインショップあり
         ルミナリエ募金:「神戸ルミナリエの鐘」をデザインした募金箱を市内各所に設置して、100円募金運動を実施しています
 12/10(土) 震災10周年シンポジウム     13:00〜16:30     於:神戸市立外国語大学・大ホール   参加無料
        NGOアジア・アフリカ環境協力センター理事長・爪谷幸孝氏の講演(体験談など)
        炊き出しを再現する震災鍋も
        問合せ:NGOアジア・アフリカ環境協力センター   078-392-3986
 12/15(木) パキスタン大地震被災地派遣報告会    18:30〜20:30     於:神戸YMCA三宮会館1階チャペル(中央区加納町2丁目)
        パキスタン大地震の被災地の現状や支援活動の報告を行います。
        報告者:柴田信也さん(日本基督教団兵庫教区被災者生活支援・長田センター主事)、
             吉椿雅道さん(被災地NGO恊働センター臨時職員)、岡本千明さん(CODEアルバイトスタッフ)
        問合せ:CODE海外災害援助市民センター 078-578-7744
 12/24(土) 「震災10年」フォーラム&コンサート    11:30〜    於:神戸クリスタルタワー3階 クリスタルホール
        震災10年を振り返り、ボランティア・市民活動の未来を考えるフォーラムを開催します
        内容; 11:30〜 バザーブース・展示ブース
             12:30〜 クリスタルホール開場
             13:00〜 開演 オープニングコンサート (出演:ブラックガム他)
             14:15〜 フォーラム「ボランティア元年・阪神淡路大震災〜何に気づき、何を変え、そして何をつなぐか〜」
                     清原 桂子(兵庫県理事)、小園 長治(毎日新聞大阪社会事業団)
                     中溝 茂雄(歌敷山中学校教頭)、有光 るみ(プロジェクト1-2)
                     コーディネーター 小西 康生(兵庫県ボランティア協会)
             16:00〜 フォーラム終了
             16:30〜 展示ブース・バザーブース終了
        申込・問合せ:兵庫県ボランティア協会   TEL・FAX:078-360-8191
                   〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-1-3(神戸クリスタルタワー10F)
                                            ひょうごボランタリープラザ 気付