疫  魔 (1) *
    起  句
      咳すれば 世情一変 令和の世
      咳こめば 驚天動地 衆愚の世
      竹馬を もてルビコンの 川渡る        

    承  句
      昃りて 恋の想ひの 浅き春
      春嘆く 渇く口唇 寄せもせで
      なで憂ふ 御園生の春 息づくを
      外に出でて などかは春を 語らざる
      日は昇り 日はまた沈む 春ひと日
      若き身に 憂ふる春の あらじかし

      覚めぬなら 覚めざるままに 春の夢
      春の夢 酔ひて槐 の 木の下で
            四字熟語「南柯之夢」より
      どう見ても 我には遠き 春の雷
      春風邪と おぼしきものを 大袈裟に
      時の疫に 逆らふ心 下萌ゆる
      騒ぐなや なべては遠き 春の惨
      見くびりて 入れば春泥 底知れず
      春泥の 先はコロナが 泥の川
      春冷えや パンデミックの 幕開く

      疫病の 前触れ 春の闇動く
      春に闇 心に闇の あるごとく
      阿修羅いま 春香邪悪の 化身めき
      春闇に 餓鬼夜叉阿修羅 羅刹天
      春闇や 目に見えぬ敵 ひそむがに
      涅槃闇 めくれば真闇 コロナ疫
      目に見えぬ ものは怖しよ 春コロナ
      春の昼 ミッドタウンに 人絶えて (外出自粛要請)
      人通る 気配すらなき 春の昼
      蟄居して 疫鎮もるを 待つ春ぞ

            TOPへ  疫魔(2)

 俳子の「守破離」俳句

 戯書  歌舞伎俳句  和英俳句
 句歌留多  疫魔  戀恋  戯花  戯画
 戯文  木霊  扇都  人籟  緑陰
 死夢  鎮魂  炎帝  蛇惑  寧楽
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の独断状
    ホームへ