歌 舞 伎 俳 句  *

 歌舞伎座の 壽初春 大歌舞伎 中八字余り句
 見上ぐるは どこの御寮か 初歌舞伎
 打ち出でて 曽我の対面 初芝居 『寿曽我対面』
 魂抜けの 紙屋治兵衛の 頬被 『心中天網島~河庄・紙屋内』
 忠兵衛の 人目をつつむ 頬被 『冥途の飛脚』
 鍔迫りの 血潮の滝の 凍りけり 『近江源氏先陣館―盛綱陣屋―』

 如月の 十日の月に 都落つ 『勧進帳』
 春雨に 濡れて清玄 桜姫 『桜姫東文章
 奈落より 芽牡丹のごと 血みどろ手
 手に花や お染久松 七変はり 『於染久松色読販
 助六や 江戸に花あり 男あり 『助六由縁江戸桜
 花魁の 魂奪はるや 花の道 『籠釣瓶花街酔醒
 落ちゆくは お軽勘平 花が下 『道行旅路花聟
 花の枝 手折りて流す 吉野川 『妹背山婦女庭訓
 花惜しむ 愛し子を捨て 世も捨てて 『一谷嫩軍記~熊谷陣屋
 藤の精 舞ふがごとくに 藤娘 『哥へす哥へす余波大津絵』

 吹き降りの 五月雨暗し 咎の身に 与話情浮名横櫛
 阿古屋ひく 琴三味胡弓 音涼し 『壇浦兜軍記~阿古屋
 皿一枚 割れて番町 夏屋敷 『番町皿屋敷
 名刀の 血が血を呼びて 夏の夜 『伊勢音頭恋寝刃』

 引窓に 月の明かりや 長五郎 『双蝶々曲輪日記』
 十六夜の 遊女惚れてや 稲瀬川 『花街模様薊色縫~十六夜清心
 濡れ鹿の 妻恋ひをれば 三笠山 『妹背山婦女庭訓』
 貰ひたる 御捻り投ぐる 村歌舞伎 神戸すずらん歌舞伎
 見得切るや 弁天小僧 菊人形 『青砥稿花紅彩画』

 死にぎはの 光こんじき 枯尾花 『曽根崎心中
 貝殺し 油地獄の 牡蠣フライ 『女殺油地獄』
 年越の 金も命にゃ 替へられず 『人情噺文七元結』

 俳子の「守破離」俳句

 戯書  歌舞伎俳句  和英俳句
 句歌留多  疫魔  戀恋  戯花  戯画
 戯文  木霊  扇都  人籟  緑陰
 死夢  鎮魂  炎帝  蛇惑  寧楽
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の独断状
    ホームへ